フリーランス必見!ファクタリングで資金調達の悩みを解決

フリーランス必見!ファクタリングで資金調達の悩みを解決
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
目次
  1. フリーランス向けのおすすめファクタリング会社6選
    1. 1.ペイトナーファクタリング
    2. 2.labol(ラボル)
    3. 3.GMOフリーランスファクタリング
    4. 4.フリーナンス即日払い
    5. 5.FinFinファクタリング
    6. 6.Bion(バイオン)
  2. フリーランス向けファクタリングを選ぶときの4つのポイント
    1. 1.少額の売掛金でも買い取ってくれるか
    2. 2.手数料の上限が低く設定されているか
    3. 3.即日入金・土日入金に対応しているか
    4. 4.個人事業主からの買い取りに積極的か
  3. フリーランスがファクタリングを利用する4つのメリット
    1. 1.売掛金をすぐに現金にできる
    2. 2.担保や保証人を用意する必要がない
    3. 3.利用者本人の経営状態は影響しない
    4. 4.ファクタリング手数料は経費計上できる
  4. フリーランスがファクタリングを利用する際の3つのコツ
    1. 1.審査に通りやすい売掛債権を選ぶ
    2. 2.審査に必要な書類は全て用意する
    3. 3.2社間ファクタリングを利用する
  5. フリーランスがファクタリングを利用する際の注意点
    1. 1.キャッシュフローが悪化するリスクが高い
    2. 2.法人に比べると審査が厳しい傾向がある
    3. 3.一部の悪徳ファクタリングに気を付ける
  6. フリーランス向けファクタリングに関するよくある質問
    1. Q.ファクタリングの審査に通らない場合はどうすれば良い?
    2. Q.ファクタリングはどのような場合に利用するのが良いか?
    3. Q.請求書や通帳などを偽造した場合はどうなるのか?
  7. さいごに|ファクタリングはフリーランスの資金調達にもおすすめ!

法人のみのサービスというイメージが強いファクタリングですが、近年ではフリーランスが契約できるファクタリングも増えています。

本記事では、資金調達の手段として利用されるファクタリングのなかから、フリーランスの方も使いやすいサービスを紹介します。

失敗しない業者選びのポイントや利用する際の注意点も解説するため、ファクタリングサービスの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランス向けのおすすめファクタリング会社6選

ファクタリングとは、売掛金の早期買い取りサービスです。

クライアントにサービスを提供し、代金を請求する権利を売掛債権といいます。

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社が買収することで、早期資金化できるのが大きな特徴です。

ファクタリングサービスには、大きく分けて次の2種類あります。

  • 2社間ファクタリング:借り手(フリーランス)とファクタリング会社との契約
  • 3社間ファクタリング:借り手(フリーランス)とファクタリング会社、売掛先企業との契約
2社間ファクタリング3社間ファクタリング
手数料約5~25%約1~15%
資金調達のスピード即日~10日程度10日~20日程度
審査難易度高い低い

3社間ファクタリングは、手数料が安く、審査難易度が低いというメリットがあります。

しかし、売掛先を含めた契約のため、ファクタリングを利用している事実を知られてしまう点や、資金スピードが遅い点は注意すべきポイントといえるでしょう。

ここからは、フリーランスの方向けのおすすめのファクタリングサービスを6社紹介します。

手数料や入金スピードなど、それぞれのサービスの特徴を詳しく解説するため、最適なファクタリングサービスを見つけてください。

1.ペイトナーファクタリング

営業時間平日10:00~19:00
申し込み方式ホームページ
入金スピード最短10分
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額初回申請可能枠:25万円
最大100万円まで
手数料10%

ペイトナーファクタリングは、手数料の安さと入金スピードの速さが特徴のファクタリングサービスです。

営業時間内に申し込めば、最短10分で指定口座に入金されます。

しかし、営業時間が平日の10:00から19:00までとなっているため、即日入金を希望の場合は、申し込むタイミングに注意が必要です。

ペイトナーファクタリングは、掛け目がないのも大きな特徴です。

掛け目とは、買取率を指します。

ファクタリング会社によっては、掛け目を70%~80%程度に設定している場合もありますが、ペイトナーファクタリングは100%が買取対象となります。

手数料10%はかかりますが、それでも掛け目がないのは、大きな魅力といえるでしょう。

公式サイトへ

2.labol(ラボル)

営業時間24時間
申し込み方式ホームページ
入金スピード最短60分
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額1万円~
手数料ラボルカード払い:3%~3.5%
通常時:10%

labol(ラボル)は、個人事業主やフリーランスを対象としたファクタリングサービスを提供する業者です。

24時間営業しており最短60分で入金されるため、すぐに資金が必要なケースでも利用しやすいでしょう。

業種や職種を問わず、1万円という少額から利用可能な点も大きな魅力です。

オンライン上で手続きを完結できるため、ファクタリングの利用が初めての方でも利用しやすいサービスです。

公式サイトへ

3.GMOフリーランスファクタリング

営業時間平日9:00~17:00
申し込み方式ホームページ
入金スピード最短30分
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額1万円~
手数料9.5%

GMOフリーランスファクタリングは、入金待ちの請求書のみで審査を受けられるファクタリングサービスです。

審査終了まで身分証明書の提出も不要で、最短30分というスピードで入金されます。

2社間ファクタリングを採用しているため、取引先にファクタリングの利用を知られないのもうれしいポイントです。

一律9.5%の手数料で利用できるため、利用者や売却金額によって手数料が変動する心配もありません。

公式サイトへ

4.フリーナンス即日払い

営業時間要問い合わせ
申し込み方式ホームページ
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額1万円~
手数料3%~10%

フリーナンス即日払いでは、各種労働補償サービス・即日払いのファクタリングサービス・収納代行用口座の3つのフリーランス向け金融サービスを提供しています。

手数料は、3%〜10%と利用額によって変動しますが、2社間ファクタリングサービスのなかでは、比較的安い手数料で利用可能です。

公式サイトへ

5.FinFinファクタリング

営業時間要問い合わせ
申し込み方式アプリ・ホームページ
入金スピード要問い合わせ
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額1万円~
手数料3%~10%

FinFinファクタリングは、フリーランスや個人事業主向けのファクタリングサービスです。

スマホインボイスFinFinで発行した支払い期日前の請求書を使って、パソコンやスマートフォンから申し込むだけで完結する手軽さが魅力です。

2社間ファクタリングを採用しているため、取引先に通知せずに請求書を売却できます。

請求書1通、売掛金1万円から申し込めます。

公式サイトへ

6.Bion(バイオン)

営業時間24時間
申し込み方式ホームページ
入金スピード最短60分
ファクタリング方式2社間ファクタリング
来店・面談の有無なし(オンライン上で完結)
買取可能額5万円~
手数料10%

Bion(バイオン)は、オンライン上で手続きが完了するフリーランス向けのファクタリングサービスです。

取引先に通知不要な2社間ファクタリングのため、初めてファクタリングを利用する方にも安心できるでしょう。

入金待ちの請求書があれば、誰でも無料で見積もりできます。

手数料が一律である点も、大きなメリットです。

公式サイトへ

フリーランス向けファクタリングを選ぶときの4つのポイント

フリーランス向けのファクタリングサービスを選ぶ際に気をつけるべき、4つのポイントを紹介します。

1.少額の売掛金でも買い取ってくれるか

フリーランスの場合、保有している売掛金の総額が数万円から数十万円程度の少額であるケースも少なくありません。

ファクタリングサービスのなかには、少額売掛債権の現金化に特化したサービスも存在します。

少額の売掛債権を現金化したい場合は、利用可能金額の下限を確認しましょう。

2.手数料の上限が低く設定されているか

ファクタリングサービスによって、手数料が異なります。

買取額によって、手数料が変動するサービスも珍しくありません。

手数料の上限を公開しているサービスを選ぶと、安心して利用できるでしょう。

2社間ファクタリングの手数料相場は、10~20%です。

この相場よりも高い手数料を設定する業者には、注意してください。

3.即日入金・土日入金に対応しているか

ファクタリングを利用する最大のメリットは、短時間で資金調達ができる点です。

近年では、即日振込に対応するサービスも増えており、最短即日入金のスタイルが定番化しつつあります。

いつでも申し込めるよう、平日だけでなく土日入金にも対応する業者を選ぶのがおすすめです。

4.個人事業主からの買い取りに積極的か

フリーランスや個人事業主は、法人に比べて売掛債権が少ないケースが多く、貸倒リスクが高いことを理由に、買い取りに対して消極的なファクタリング会社も少なくありません。

売掛債権が少ないと、ファクタリング会社の利益が少なくなり、採算が合わなくなってしまいます。

ファクタリングサービスを選ぶ際は、フリーランスや個人事業主に対する買い取りに積極的な会社を選びましょう

フリーランスがファクタリングを利用する4つのメリット

フリーランスがファクタリングを利用する4つのメリットを詳しく紹介します。

1.売掛金をすぐに現金にできる

フリーランスがファクタリングを利用する最大のメリットは、売掛金をすぐに現金化できることです。

ファクタリングは銀行融資とは異なり、審査に時間がかかりません。

銀行から融資を受ける場合は、1週間以上、もしくは1ヵ月以上の期間を要するケースもあります。

しかし、即日対応のファクタリングサービスを選べば、最短数十分で現金が振り込まれます

スピーディーに現金化できることで、資金繰りを改善できるのもメリットのひとつです。

高額な売掛債権を保有していても、入金が数ヵ月先の場合、資金繰りの悪化が懸念されます。

資金に余裕がなく、銀行からの融資を受けられないと、廃業の恐れもあるでしょう。

そのため、売掛金を即現金化できるのは、大きな魅力です。

2.担保や保証人を用意する必要がない

ファクタリングを利用する場合、担保や保証人が不要な点も大きなメリットです。

銀行から融資を受ける場合や、融資した金額を返済できなかった場合のリスクを回避するために、担保や連帯保証人を設ける必要があります。

しかし、フリーランスが担保や連帯保証人を用意するのは、簡単な行為ではありません。

ファクタリングサービスは、融資や借入ではなく売掛債権の現金化であるため、担保や保証人は必要ありません。

銀行からの融資と比較して、資金調達のハードルが低く、フリーランスの方でも利用しやすいサービスといえるでしょう。

3.利用者本人の経営状態は影響しない

金融機関からの融資の場合は、借り手の信用度や経営状況、担保の有無などが主な審査基準となります。

フリーランスや個人事業主の方は、法人に比べて信用度が低く、審査に落ちてしまうケースも珍しくありません。

しかし、ファクタリングで審査する対象は、借り手ではなくあくまでも売掛先の信用度です。

借り手の税金滞納や赤字決算、債務超過などのように、与信に何かしら問題があったとしても、資金調達できる可能性が十分あります。

4.ファクタリング手数料は経費計上できる

ファクタリングで発生した手数料は、売掛債権売却損で計上できます。

売掛債権売却損とは、売掛債権を売却したことによる損失を意味しており、計上することで高い節税効果を得られるでしょう。

ファクタリング会社ごとに手数料の設定が大きく異なるものの、主に次の2つのケースがあります。

  1. 諸経費を全てまとめて「手数料」として請求するケース
  2. 基本手数料や事務手続費用、審査費用、登記費用など手数料を細分化して請求するケース

手数料を一括で請求するケース、小分けにして請求するケースのどちらも、売掛債権売却損として処理して問題ありません。

フリーランスがファクタリングを利用する際の3つのコツ

フリーランスがファクタリングを利用する際、審査通過するために覚えておきたい3つのコツを紹介します。

1.審査に通りやすい売掛債権を選ぶ

ファクタリング会社の審査対象は、借り手ではなく売掛先です。

そのため、信用度の高い売掛債権を選ぶことで、より審査が通りやすくなります

一般的に信用度の高いとされる売掛先は、次のとおりです。

信用度の高い売掛先の条件

  • 法人企業である
  • 大企業や有名企業
  • 借り手と継続的な取引がある
  • 業績や売上が好調である

フリーランスや個人事業主よりも、法人企業との取引のほうが有利です。

なるべく法人の売掛債権を選びましょう。

大企業や有名企業は、社会的信用度が高いため、審査も通過しやすいのが特徴です。

さらに、これまで継続的に取引している売掛先であることも、重要なポイントです。

何度も支払った実績があることは、ファクタリング会社にとって大きな安心感があります。

単発の取引という理由だけで審査に落ちるわけではありませんが、より厳しく審査されると覚えておきましょう。

2.審査に必要な書類は全て用意する

ファクタリングの審査を受けるためには、必要書類の提出が求められるケースがあります。

書類に何かしら不備があったり、記入漏れがあったりすると、審査が難航してしまうでしょう。

正しく記載された書類や請求書を用意し、審査にかかる時間をなるべく短縮できるよう努めてください。

3.2社間ファクタリングを利用する

フリーランスがファクタリングを利用する際は、2社間ファクタリングがおすすめです。

フリーランスが2社間ファクタリングを利用すべき理由

  • 現金化のスピードが速い
  • 売掛先と良好な関係を維持しやすい
  • 借り手の信用度を損ねにくい

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて手続きが簡素化されているため、入金までのスピードが速い点が大きなメリットです。

さらに、売掛先にファクタリングを利用していると知られる心配もありません。

万が一、売掛先にファクタリングサービスを利用していると知られてしまうと、売掛先以外のほかの企業にまで噂が広まってしまうでしょう。

最終的に、借り手の信用度が下がってしまい、売上にも悪影響を及ぼす恐れがあるため注意が必要です。

フリーランスがファクタリングを利用する際の注意点

フリーランスの方がファクタリングを利用する際の注意点は、次の3つです。

1.キャッシュフローが悪化するリスクが高い

売掛債権を短期間に現金化できるファクタリングはとても便利なサービスですが、使い過ぎてしまうとキャッシュフローが悪化するリスクがあります。

ファクタリングを利用することで、一時的にキャッシュフローを改善できます。

しかし、ファクタリングは利用するたびに手数料がかかるため、安易に使すぎてしまうと、本来入るはずの利益が減少してしまうでしょう。

即現金化できるメリットだけでなく、デメリットも理解したうえで、適切な頻度で利用してください。

2.法人に比べると審査が厳しい傾向がある

フリーランスは、法人と比べて審査が厳しい傾向にあります。

審査を通過しやすくするためには、フリーランスや個人事業主向けのサービスを選ぶことが重要です。

ファクタリングサービスのホームページをチェックして、少額買い取りに対応していることや、フリーランスや個人事業主歓迎などのキーワードが書かれているかを確認してみましょう。

3.一部の悪徳ファクタリングに気を付ける

ファクタリングサービスのほとんどが優良業者であるものの、一部悪徳業者が存在するのも事実です。

高額な手数料や追加費用を請求されるなどの被害に遭わないためにも、悪徳業者の特徴を理解する必要があります。

悪徳ファクタリング業者の特徴

  • ファクタリング手数料が高額すぎる
  • 費用の内訳や詳細が不明瞭
  • 説明が不十分で、表現が曖昧
  • 口頭での説明が多い
  • 業者の実態が不透明
  • 契約書の控えを渡さない
  • 償還請求権が設定されている

上記の特徴に当てはまるものが1つでもあれば、要注意です。

インターネット上で、ネガティブな口コミが掲載されていないかを確認し、少しでも不審な点がある場合は利用を避けてください

フリーランス向けファクタリングに関するよくある質問

フリーランス向けのファクタリングサービスに関して、よく寄せられる質問を紹介します。

Q.ファクタリングの審査に通らない場合はどうすれば良い?

フリーランスの方でファクタリングの審査になかなか通らない場合は、次の3つのポイントに留意してください。

フリーランスがファクタリングの審査を通過しやすくするコツ

  1. 審査に通りやすい売掛債権を選ぶ
  2. 審査に必要な書類は全て用意する
  3. 2社間ファクタリングを利用する

申し込みや審査の際は、丁寧に受け答えするよう意識することも大切です。

Q.ファクタリングはどのような場合に利用するのが良いか?

フリーランスの方がファクタリングを利用すべきタイミングは、次のとおりです。

  • とにかくすぐに現金が必要な場合
  • 銀行の融資の審査に落ちてしまった場合
  • 融資の手続きや準備に時間を割けない場合
  • 売掛先に知られることなく資金調達したい場合

Q.請求書や通帳などを偽造した場合はどうなるのか?

審査を通すために、請求書や通帳を偽造するケースも少なくありません。

しかし、書類の偽造や二重譲渡は、れっきとした犯罪行為です。

(私文書偽造等)
第百五十九条 行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:刑法(明治四十年法律第四十五号)|e-Gov法令検索

請求書や通帳の偽造は、私文書偽造にあたり、3ヵ月以上5年以下の懲役が科されます。

さいごに|ファクタリングはフリーランスの資金調達にもおすすめ!

ファクタリングは、売掛先からの振込を待たずにスピーディーに資金調達できます

フリーランスや個人事業主の方向けのサービスを利用することで、少額債権でも買い取りしてもらえるだけでなく、審査が通りやすくなるでしょう。

紹介した内容を参考にしながら、自分に最適なファクタリングサービスを見つけてください

この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。