営業チームのインタビュー一覧

インタビュー

人を知る

四半期VP受賞!入社から1年を迎える新卒メンバーが大切にする教えとは

  • 営業チーム
  • 山崎 優華
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2021年4月に新卒として入社した営業チームのメンバーが、四半期のVP賞を受賞しました!
※四半期に1回、活躍したメンバーへVP賞・MVP賞が贈られる制度 詳細は「福利厚生」をご参照ください

そこで受賞メンバーを紹介すると共に、VP賞を受賞するに至った秘訣などをインタビューしました。

営業チームの普段の雰囲気や、どんなメンバーが活躍しているかなど、アシロへの応募を検討されている方は、是非参考にしてみてください!

Q,自己紹介をお願いします

リーガルメディア事業部 営業チームの山崎優華です!

2021年4月に新卒入社し、間もなく丸1年経ちます。学生時代は日本文学科を専攻していました!

Q,営業チームでの業務について教えてください

わかりやすく表現すると、テレアポで新規開拓をして、法律事務所様向けに弁護士ナビへの新規掲載の提案営業を行っています!

実は私自身、元々営業という仕事に苦手意識を持っていたのですが、だからこそ克服しようと思って営業職を志望しました。

入社以降、必死に営業チームで奮闘してきた結果、1年前と比べると少しは営業が得意になってきたかなと思います(笑)。

Q,アシロの面接や入社の経緯を教えてください

今だからいえることなんですが、アシロへの入社は就活当初、想定しているものではなかったんです(笑)。

最初は気軽な気持ちでエントリーをして、アシロから送られた案内に面談と書かれていたので、「説明会みたいなものかな?」と思い込んで気軽に参加しました。

しかし当日オンライン面談に現れたのは、当時営業責任者をされていた吉村さん…!

「もしかして、これはもう選考が始まってる?」と気づいて、すごく驚いた記憶があります(笑)。

ただ内容自体は事前にアナウンスいただいた通りで、非常にカジュアルな面談で履歴書や志望理由などを深掘りされるというよりは、「将来どうなっていきたいか」ということにフォーカスしていただきました。

そして私が絶対にアシロへ入社したいと決めたのが、この吉村さんとの面談でした。

逆質問のとき、吉村さんへ「将来の夢はなんですか?」と聞いたところ、ハチャメチャな夢を伺い、「なんて面白い人なんだ。絶対この会社に入りたい!」と思いました(笑)。

続いて二次選考については、CFOの川村さんと執行役員をされている河原さんが担当してくださいました。

一次選考と比較すると、所謂面接的な内容だったのですが、私の質問の回答などへのリアクションからして、すごく私という個人に関心を持ってくれている、知ろうとしてくれていると感じた記憶があります。

その後、代表の中山さんとの最終面接を経て、晴れて内定をいただいたときには二つ返事で入社の意向をお伝えしました!

Q,VP受賞おめでとうございます!どんな点が評価されたと思いますか?

私の場合は、完全に売上を評価いただいたと思います。四半期の目標に対して170%くらいの達成率でした!

ただVP賞の受賞は、何よりも私のチームのリーダーである黒川さんのおかげです。

入社して以来ずっと黒川さんに師事しているのですが、いただいたアドバイスを最大限に活かすことでVP賞の受賞が叶いました。

例えば、「優先すべきことを常に考えて、すべき事の中から最もお客様のためになることを最優先に対応しよう」といったアドバイスには、大きな影響を受けています。

私自身は話をすることが好きな性格なのですが、「話したいことを話すのではなくて、お客様のためになることを話すべき」という言葉も、非常にためになるアドバイスでした。

恩師が大切にする教え

前述のアドバイスに併せて、度々黒川さんが口にされる言葉のひとつが、近江商人の商売十訓です。

その中でも特に黒川さんが大切にされている言葉が、「無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ」という訓で、私も強く意識しています。

特に弁護士ナビは9つの分野に特化したメディアがあるため、掲載いただくメディアがもし法律事務所様のカラーや方向性にマッチしなかった場合には不要な出費となってしまう可能性もあります。

「契約がとれそうだから」といってお客様の言いなりになるのではなく、将来に渡ってお客様の為になる選択肢を徹底的に考え抜き、提案することを心がけています。

Q,VP受賞にあたって特に気合が入ったことはありますか?

偶然が重なった出来事なのですが、黒川さんが体調を崩されたり、チームメンバーがリモートワークをしていた時期は、大変気合が入りました(笑)。

アシロでは商談内容の透明化を図るべく、自宅での商談をしないルールがある為、全ての商談を私が対応する時期があったのです。

1日2〜3件の商談に対応させていただくといったハードシングスだったのですが、乗り越えることで私自身すごく成長できたと思います!

Q,日々のモチベーションを教えてください

完全に黒川さんです。

黒川さんを目標として、黒川さんに認められるべく、その大きな背中を必死に追い続けています!

毎日本当にお世話になっていて、いただいたアドバイスを全て活かして、全力で報いたいです。

もうひとつ人生の目標として、「どこでも生きていけるようになりたい」を掲げています。

具体的に「どこで生きるのか」ということはまだ考えられていませんが、ひとまず営業スキルはどんな環境でも活かせるだろうと思い、今は営業スキルの獲得に全力を注いでます!

Q,今後の夢や展望とかありますか?

私は月間目標の連続達成ができていないことがあるので、連続達成によるMVP賞の受賞が今の目標です!

どうせやるなら、社内の連続目標達成記録を抜きたいと思うようになり、VP賞を受賞してからは以前にも増して気合が入りました。

人生の長期的な展望

前述の通り、「どこでも生きていけるようになりたい」と思っており、最終的には今の生活圏を飛び出た場所で人生を過ごしたいと考えています。

たとえば海外移住でも良いですし、東京以外の場所でもかまいません。

どんな場所を選んでも、そこで生きていくためには営業スキルだけではなく、マーケティング的スキルはもちろん、あらゆる方面で成長しなければならないと思っています。

そのための基盤を少なくとも20代のうちに築きたいので、色々な事にチャレンジしたいです!

Q,その夢はアシロで達成できそうですか?

全てのスキルが身に付くかはまだわかりませんが、夢のスタート地点としてアシロを選んだことは正解だったと思います!

営業チームの先輩を見ていても、他の部署に異動して新しいチャレンジをしていたり、入社4年目で全く新しい事業の立ち上げをしていたりするので、私もまだまだアシロで成長できると思っています。

Q,営業は厳しいイメージを持つ方も多いですが、実際にはどうですか?

他社の営業を知らないので比較はできませんが、少なくともアシロの営業チームは楽しいです!

もちろん売上目標が未達成のときにワイワイするようなことはありませんが、少なくとも不条理な叱責を受けるようなことは全くありません。

あくまで「成果を上げるため」、「目標を達成するため」ということを焦点に、一緒に課題を探して解決策を模索してくれるチームです。

それに、コロナ禍が続いているので感染者数等の状況を見守りながらではありますが、プライベートでも食事に行ったり、遊んだりすることがあるくらい楽しいチームでもあります!

Q,どんな人に応募してほしいですか?

面白い人がいいです!
単純に話が面白いということだけではなく、色々な事を経験して、多様なバックボーンを持っている人と一緒に働いてみたいです。

経験豊富な人は、話を聞けば聞くほど興味をそそられますし、魅力的な人間であるはずです。私自身そういった人から色々な話を聞いて、新しいカルチャーや知見を吸収していきたいと思います。

性格面でいうと、ガッツがあって、人と話すことや尽くすことが好きな人は、やはり営業に向いているのではないかと感じています。

例えばお客様から質問をいただいたときに、単に返答するのではなくて、その質問の意図を汲み取って補足するといったホスピタリティを持っていると、営業において最も重要な「信頼」を得られるはずです。

応募を検討している方へのメッセージ

楽しい話ばかりをしましたが、営業は皆さんが考えているように大変な仕事だと思います。

初めてお話するお客様に電話を掛けて、目標を追い続けることは決して楽なことではありません。

ただ、そこに目を背けずに真摯に向き合えば、必ず相応の喜びや達成感が返ってきます。

達成感が欲しい、チームプレイで目標を追いかけたいという人は、アシロに来て損はありません。

それに私の場合、他の人がどう評価してくださっているかはわかりませんが、1年前と比べて前向きに話ができるようになったと思います。

顔色を伺いながら対話するのではなく、この人の為に私には何ができるのかを考えるようになり、今後の人生においても重要な変化が起きました。

何をしたいかわからないけど成長しなければと感じている方も、具体的な目標のために成長したいという方も、是非アシロに来てほしいと思います!

編集後記

山崎さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

山崎さんの元気な電話の声が聞こえるたびに、実は私も会社全体で元気づけられています!

大きな野望を抱いているようで、今後の活躍を楽しみにしています!

山崎さんがおっしゃっているように、漠然としていても良いので成長をしたい、スキルを身に着けたいという人は、是非アシロへご応募ください。

皆さんにお会いできることを、楽しみにしています!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

同じ事業部のインタビュー