営業チームのインタビュー一覧

インタビュー

人を知る

中途採用メンバーのインタビューから読み解く、アシロで働くことの魅力

  • 営業チーム
  • 佐藤 真衣
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

アシロはさまざまなバックボーンを持つメンバーが所属しており、それぞれの視点と感性でアシロに魅力を感じて入社してくれています。

今回は前職でも営業を経験していた営業メンバーに、アシロに入社して感じた魅力を伺ってみました。

入社前に感じていた魅力、入社後に気づいた魅力などさまざまな角度で見る「アシロの魅力」を教えてもらいましょう。

アシロへの応募を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい。

Q,まずは自己紹介をお願いします

21年9月に入社した、佐藤真衣と申します。リーガルメディア事業部 営業チーム所属です!

弁護士のお客様に対する新規開拓営業や、提案営業を担当しています。

Q,アシロへ入社した経緯や理由を教えてください

新卒では医療事務に従事していたのですが、人とコミュニケーションを取りづらい環境がイメージと異なり、その反動で「何でも良いので営業をしてみたい!」と思って、2社目では保険会社で営業を担当しました。

そこでは営業の基礎を学びながら、将来的にどういった営業をしていきたいのか、自分が売りたい商材は何なのかといった今後のキャリアについても考えていました。

保険会社は基本的に訪問営業がメインなのですが、日常の中でよく広告が目に止まり、「自分は広告が好きなんだ」と気づいて、広告を扱う企業に絞って転職活動をしていました。

広告に関する営業職の求人を見ていく中で、アシロはこれまで意識をしたことがない商材だったので、すごく興味が湧いたんです。

もちろん競合他社はいますが、弁護士に関する広告の営業職は、珍しいのではないでしょうか?

すごく簡潔に表現すると、アシロへ応募したきっかけは知的好奇心でした(笑)。

Q,実際に応募してみていかがでしたか?

面接は、当時営業責任者をされていた吉村さんが担当してくださったのですが、話をしていくうちにどんどんアシロが魅力的に感じました(笑)。

私は学生時代に居酒屋のオープニングスタッフとしてアルバイトをしていたのですが、アシロの社風というか、雰囲気がなぜかすごく似ていると感じた記憶があります。

一般的に居酒屋のアルバイトというと、マニュアル通りに配膳して調理するイメージだと思いますが、そこはオープニングスタッフということもあって、目標に対してどのような運用をしていくかであったり、戦略立てなどもアルバイト同士で検討していました。

アシロも全体的に意識が高いというか、メンバー全員が当事者意識を持っている点が共通していると感じて、アシロなら間違いなく楽しいだろうし、自分自身も成長できると確信できました。

それに前社で経験していた営業と比較して、アシロでは「成果を上げて、早く帰ったほうがカッコいい」という社風があり、「残業したもの勝ち」という違和感があった前職の社風との違いも魅力でした。

実際、アシロの営業チームの皆さんは帰宅が早くて、転職直後は驚いた記憶があります(笑)。

Q,前職の経験はアシロでも活きていますか?

同じ営業職ということもあり、お客様に接する際の基本的な対応だったり、スケジュール管理だったり、ハードルがあるときの改善方法や思考方法などは、前職での経験がそのまま活きています。

アシロは方法に固執しない社風があるので、前職のノウハウを周囲に共有したり、他の方のテクニックを取り入れたりして、どんどんブラッシュアップされてもいると感じます。

Q,前職での営業と異なる点はありますか?

前職が保険の営業ということもあって無形の「サービス」を売る点では同じですが、やはりお客様との関係性が異なっています。

例えば前職の商材である保険は、個人に対する営業、所謂BtoC営業であり、人対人の感情が重要です。保険商品そのものは日本有数の大企業が作ったものなので、そもそも信頼はあるんですよね。

ただ弁護士ナビという商材の場合、「弁護士ナビに掲載いただくことで、弁護士のお客様にどれだけ売上を立てていただけるか」が最重要です。

その為、私に対する信頼は当然ながら、まずは弁護士ナビに対する信頼をいただく必要があります。

弁護士は個人でありつつ、事務所経営者でもあるお客様も多いため、BtoC的な営業、BtoB的な営業がそれぞれ必要です。

どのような商談の流れを作っていくかなどは、お客様ごとや商談ごとにフルオーダーメイドで考える必要があり、非常にやり甲斐を感じています。

Q,どんな方と一緒に働きたいですか?

私としては私生活が充実していて、公私がはっきりしている人がいいなと思います。

そういった方はモチベーションがあるので、仕事でもパフォーマンスを発揮してくれそうです。

あとは自分から学びに行ける方や、素直で愛されるキャラクターの方は、アシロですごく成長できると思います!

アシロのメンバーはすごく面倒見が良くて、結構忙しそうにしている人でも、質問したりアドバイスを求めたりすると、丁寧に教えてくれる人が多いです。

人に対するリソースを惜しまない会社なので、上手に人を頼れる人は、いろいろなスキルを吸収できます!

Q,応募を検討されている方へメッセージをお願いします!

私個人の意見ですが、アシロのような「自分で考えて行動を起こす人が多い」といった社風の組織に入れば、将来必ず何かの役に立つはずです。

ですので、迷っているのでしたらひとまず応募してほしいと思います!

実際、世の中には「考える能力がなくてもなんとか働ける会社」は存在するので、そこに違和感を覚えてしまう人にとって、アシロはうってつけの環境です。

もちろん考えて正解を導き出す能力は、一朝一夕では身につきません。しかしアシロは、正解の導き出し方をサポートしてくれるメンバーが多いです。

能動的な意欲は求められますが、キャリア形成はもちろんプライベートでも役に立つような思考のインナーマッスルを鍛えられる環境がアシロだと思います!

編集後記

佐藤さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

アシロでは、立場や経歴に関わらず、どのように考えてどのように動くかが非常に重視されます。

決まったマニュアルをただなぞるだけの業務や、自分の考えに耳を傾けてもらえないといった環境に疑問がある方は、是非アシロへの応募をご検討ください。

皆様の応募、そしてお会いできることを楽しみにしています!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

同じ事業部のインタビュー