営業チームのインタビュー一覧

インタビュー

人を知る

四半期MVP受賞!新卒1年目のメンバーはなぜMVPを獲得できたのか

  • 営業チーム
  • 西野 勘太郎
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

アシロでは四半期Qに1回、全社集会を開催して活躍したメンバーへVP賞(Valuable Player)、特に活躍したメンバーへMVP賞(Most Valuable Player)を表彰しています。
※詳細は「福利厚生」をご参照ください

2022年2月に開催された全社集会では、1Q(2021年11月〜2022年1月)の活躍が評価されて、なんと新卒1年目のメンバーがMVP賞を受賞しました!

入社から1年に満たない彼は、一体どのようにしてMVP受賞に至る活躍ができたのでしょうか。

アシロへ入社したい、アシロで活躍したいという方は、是非このインタビューを参考にしてみてください!

Q,まずは自己紹介をお願いします

2021年4月に新卒でアシロへ入社し、2年目を迎える西野勘太郎と申します。

リーガルメディア事業部 営業チームに所属していて、弁護士のお客様へ弁護士ナビの魅力を伝え、ご契約とご掲載を頂くべく日々奮闘中です!

Q,アシロへ応募された経緯を教えてください

一番最初にアシロへエントリーしたきっかけは、新卒専用のエージェント会社からの紹介でした。

当時私が希望していた条件は、若手でも活躍できて、会社の成長に大きく携われるという2点でした。

今だから言えることなのですが、当時はとりあえずエントリーしてみようという感じで、軽い気持ちでアシロへエントリーしました(笑)。

ただそのときにご紹介いただいた企業の中では、アシロが最も平均年齢が低く、他社は30代前半が多い中で、唯一20代後半という平均年齢でした。

当時22歳だった私とあまり変わらないし、和気あいあいとした雰囲気に期待していました!

ただ、50人規模で弁護士領域の企業と聞いて、こぢんまりとした堅実な雰囲気なんじゃないかな?なんて思った記憶もあります(笑)。

Q,実際に選考に進んでみてどうでしたか?

実際に選考に進んでみると、思い描いていたとおり和気あいあいとした雰囲気であった一方で、勘ぐっていたような地味な会社ではありませんでした(笑)。

最初の面接に対応してくださったのは、当時営業責任者をされていた吉村さん。いわゆる”面接”という感じではなくて、日常会話をするようにリラックスして盛り上がることができました。

私が当時やっていたキャラクターショーのアルバイトの話や、お酒の話などで盛り上がった記憶があります。

二次面接では、執行役員の河原さんと、CFOの川村さんが個別にご対応くださいました。

一次面接でリラックスできたとはいえ、流石に役員との面接となると緊張してしまい、身構えてしまいましたが、今にして思えば杞憂です(笑)。

オンラインでの面接中、河原さんから「就活生は上だけじゃなくて下もスーツ着ているの?」と質問をいただき、立ち上がって正直にパジャマを見せると、河原さんははじけるような笑顔で笑ってくださいました。

この瞬間、アシロという会社は何でも素直に話せるし受け入れてくれるんだなと思い、一気に緊張がほぐれました。

川村さんとの面接でもリラックスできていたので、将来の夢や志望動機などをスムーズにお話できました。

最終面接は代表取締役の中山さんがご対応くださいましたが、オンラインではなく対面での面接。

これまでのように完全にリラックスできたというわけではありませんが、将来のアシロのビジョンや今後の夢などについて話をし、無事に内定をいただくことができました!

実はこのとき既に他社から内定をいただいており、元々はそちらの企業へ入社するつもりだったのですが、即決でアシロへの入社意向を伝えた記憶があります。

Q,当時アシロは非上場企業でしたがご家族はどんな反応でしたか?

家族の反応は、男性陣と女性陣で真っ二つに別れました。

私は京都出身なのですが、母と妹は上京することが寂しかったようですが、最終的には、私の選択を応援してくれる形で見送ってくれました。

一方で父と弟はそこまで心配している様子ではなく、「東京の荒波に揉まれてこい!」と背中を押してくれた記憶があります。

上京して1年が経とうとしている現在、東京で楽しく暮らしていることや、努力したことがきちんと評価されているので、家族全員、安心して私のことを応援してくれています。

Q,営業チームの1日の業務について教えてください

私の場合はまずは出社後、メールやチャットワーク等を確認するとともに、今日1日のスケジュールや計画を立てるところからはじまります。

その後、新規顧客獲得のためのテレアポを行い、商談の機会を獲得しています。

その他にもアポがある日は商談をしたり、お客様の疑問や問い合わせに対するフォローなども担当しています。

特にご契約いただいた後のフォローはカスタマーサクセスチームと連携して、お客様の広告効果最大化を目指しています。

法律事務所の多くは17時ぐらいには営業を終える為、終業前の時間は事務作業や問い合わせの分析など、次回の商談やテレアポの種を撒く時間にしています。

それらが落ち着いて明日の準備ができたところで、19時くらいには退社しています。

定時が18時なので、1時間残業をするかどうかという具合です。ちなみに他のメンバーは既に大体帰宅していて、入社する前にイメージしていたよりも残業は少ない環境です。

Q,MVP受賞おめでとうございます!どんな点が評価されたと思いますか?

ありがとうございます!

おそらく1Q(2021年11月〜2022年1月の四半期)の間、売上目標を連続で達成できたことが評価いただいた要因だと思います。

期間中の合計目標を達成するのも難しいですが、毎月コンスタントに売上目標を達成することはさらに難しいので、自分でもやりきったなという思いです。

それまでは大幅に目標を達成できた月もあれば、残念ながら未達に終わる月もあるなど、成果に波がありました。

Q,以前と比べてどんな工夫をされたんですか?

新規開拓のリストアップをする際の視点を変えてみたり、商談のスタイルを変えるといった工夫です。

たとえば私が新卒当初にアタックしたお客様や、以前に先輩方がアタックしたお客様をリストアップして再度お声がけすることで、格段にアポイントの獲得率が向上しました。

以前の私を覚えてくださっているお客様は、「成長したアシロの営業マンの話を聞いてみよう」ということで、貴重なお時間をくださったようです。

商談については、先輩をマネして徹底的に基礎を学んできましたが、それに加えて私自身の個性も出すようにしました。

弁護士ナビを売り込むという基本は変わりませんが、それ以上に、「せっかくお時間をいただいたのだから、楽しい時間にしてほしい」と心がけるようにしたことで、必然的に私の話し方や表情が変わり、お客様との距離感や信頼関係がより良いものになった気がします。

いくら商品が魅力的でも、お客様は結局私から買ってくださるので、私自身がお客様にとって魅力的になる必要があると考えたのです。

Q,受賞発表されたときはどう思いましたか?

もちろん嬉しさと感謝でいっぱいなのですが、何よりも驚きでした!

実はMVP賞が発表される前に、VP賞として同期の山崎さんが表彰されていて、山崎さんの方が1Q合計の売上は高かったので、受賞は叶わないなと落ち込んでいました。

しかし最後のMVP賞の発表で私の名前が呼ばれ、喜びよりも先に驚きの感情が出たんです(笑)。

同時に、入社して以降、業務でもプライベートでも色々と面倒を見てくれた先輩方の顔が思い浮かび、感謝で胸が一杯になりました。

また先輩方だけではなく、新卒1年目の私でも成果を出すことで平等に評価してくれる会社にも感謝でいっぱいです!

Q,日々のモチベーションを教えてください!

もうすぐ2022年の新卒として後輩ができるので、彼らの手本になれるような先輩になりたいです!

もちろん売上といった成果の部分だけではなく、人としても見習ってもらえるような社会人になることがモチベーションのひとつです。

Q,どんな方と一緒に仕事をしたいですか?

どんなことでも楽しめる素直な人がいいです!

たとえば日々の業務を適当にこなしたり、タスクとして淡々と処理したりすると、辛い作業になってしまう可能性が高いです。

仕事一つひとつの意味を考えて、自分の中で楽しめるような人が成果を上げられると思います。

それに素直であることは、お客様とお話をする上でも、日々の業務に向き合う上でも重要なことです。

色々なアドバイスを素直に取り入れて、成長の機会を楽しめる人は、間違いなくアシロで成果をあげられると思います!

Q,応募を検討している方へのメッセージ

アシロで働くことの最大の魅力は、羽を広げられることです。

私自身、アシロを魅力的に感じたきっかけのひとつは、オンライン面接中のズボンがパジャマでも笑って受け入れてくれたことにあります(笑)。

良い意味で上下の隔たりがなくて、お互いにリスペクトをもった上で仲良くしている人もいるような会社です。

自分という個性を存分に発揮したいという人は、是非アシロに応募してください!

編集後記

西野さん、ご協力いただきありがとうございます!

思い切り個性を発揮しながら、伸び伸びと業務に励み、MVP賞を受賞されている姿はまさにアシロのメンバーらしいと思いました!

もしもアシロで働くことに興味があったり、少しでも関心があれば、是非ご応募ください。

西野さんのように、気軽な気持ちで応募いただいたことをきっかけに、入社に至ったメンバーもたくさんいます。

まずは皆さんとお会いできることを、楽しみにしています!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

同じ事業部のインタビュー