労働問題に関する
記事一覧

労働問題を解決する情報をお届けします。

2023.09.21 2024.01.25
月60時間の残業は違法かもしれない!36協定や割増賃金の基準をチェックしよう

仕事の効率化が叫ばれている昨今でも、長時間労働が常態化している業界は多くあります。 そのような業界に勤める方の中には、次のような悩みを抱えている方もいるでしょう。 「月に60時間くらい残業をしているのだが、他の人はどうな...

月60時間の残業は違法かもしれない!36協定や割増賃金の基準をチェックしよう
2023.09.15 2024.01.25
固定残業代制度とは何か?労働者が知っておくべき基礎知識と注意点

固定残業代制度が適用されている企業で働いている方は、制度の概要やポイントについて知りたい方もいるのではないでしょうか。 固定残業代は毎月の給与が安定するなどのメリットもあるぶん、給与が低く設定されていないかを見極めること...

固定残業代制度とは何か?労働者が知っておくべき基礎知識と注意点
2023.08.30 2024.01.25
労働災害を報告してくれなければ労災申請できない?労災申請の方法を解説

業務中に労働者が死亡または重大なけがを負ったなどの労災事故が発生した場合、会社は労災事故が発生したことを労働基準監督署へ報告しなければなりません(死亡・重大なけがを負った事故の場合は直ちに電話連絡が必要)。 しかし、虚偽...

労働災害を報告してくれなければ労災申請できない?労災申請の方法を解説
2023.08.30 2024.01.25
労働災害の保険料は誰が払う?労働者が払う必要ナシだが労災事故が起きたら労災認定を受けられる

従業員が1人でもいる場合は、原則として労災保険に加入することが必要です。 労災保険の保険料は、会社が全額支払います。 そのうえで、ひとたび労災事故が発生したときには、労働者は労災保険によりさまざまな給付を受けることができ...

労働災害の保険料は誰が払う?労働者が払う必要ナシだが労災事故が起きたら労災認定を受けられる
2023.08.30 2024.01.25
いきなり大学が雇い止めを通知してきた!研究者は継続雇用を主張できる?

有期雇用が5年または10年を超えた場合、大学の職員または研究者が無期雇用を申し出たら無期雇用が実現するという制度があります(無期転換ルール)。 しかし、それを避けるために大学側が直前に「雇い止め」をするケースがあります。...

いきなり大学が雇い止めを通知してきた!研究者は継続雇用を主張できる?
2023.08.30 2024.01.25
みなし残業は定額働かせ放題?みなし残業が合法になる要件などを解説

「みなし残業代(固定残業代)だからどれだけ働いても残業代は出ないんだ」と涙を飲んでいる方は多いと思います。 しかし、みなし残業代制度は、定額働かせ放題の制度ではありません。 規定の時間を超えれば追加で残業代を請求できます...

みなし残業は定額働かせ放題?みなし残業が合法になる要件などを解説
2023.08.30 2024.02.21
上司からパワハラ発言を浴びせられた!損害賠償請求できる?

パワハラ防止法が2022年4月1日から全企業に適用されていますが、「上司からパワハラ発言を浴びせられた」というニュースは後をたちません。 社内に相談窓口を設置することが義務づけられましたが、中小企業では守られていないケー...

上司からパワハラ発言を浴びせられた!損害賠償請求できる?
2023.08.28 2024.01.25
適応障害でも休職は可能!期間や休職中の過ごし方・給与についても詳しく解説

適応障害を発症した方のなかには、休職を検討している方もいるでしょう。 ただし、適応障害を原因とする休職はそもそもできるのか、またどのくらい休職するべきなのか、休職中の給与などについて気になる方も多いのではないでしょうか。...

適応障害でも休職は可能!期間や休職中の過ごし方・給与についても詳しく解説
2023.08.28 2024.01.25
サービス残業の相談窓口5選|相談前の準備や残業代の請求方法なども解説

サービス残業を強いられて悩んでいる方のなかには、解決方法が分からず困っている方もいるでしょう。 サービス残業は、労働基準法や社内規則なども関係するため、自分ひとりで解決するのが難しい問題です。 問題を速やかに解決するため...

サービス残業の相談窓口5選|相談前の準備や残業代の請求方法なども解説
2023.08.14 2024.01.25
労災について弁護士に依頼するメリットと方法|サポート内容・費用・選び方

業務中にけがをしたり、病気になったりした場合、労災(労働災害)補償の対象となります。 社内で労災トラブルが発生した場合は、早期解決のために弁護士へ依頼することをおすすめします。 弁護士に依頼することで、会社に対する損害賠...

労災について弁護士に依頼するメリットと方法|サポート内容・費用・選び方
    弁護士の方はこちら