労働問題に関する
記事一覧

労働問題を解決する情報をお届けします。

2023.11.16 2024.01.25
給料が振り込まれないときの対処法|退職後も働いた分はもらえる!

「退職月の給料が振り込まれていない」 「もう退職しているが、どうやって会社に未払いの給料を請求すればよいだろうか」 退職して会社との関係がなくなったあとに給料が振り込まれていないことに気づいた場合、どうすればよいかわから...

給料が振り込まれないときの対処法|退職後も働いた分はもらえる!
2023.11.13 2024.01.25
労働基準法違反に当たる行為とは? 企業が遵守すべきルール・違反のリスクや予防策などを解説

労働者を雇用する企業は、労働基準法を遵守しなければなりません。 労働基準法に違反すると、労働基準監督署による行政指導等の対象となるほか、損害賠償責任や刑事罰のリスクも生じてしまいます。 弁護士のアドバイスを受けながら、労...

労働基準法違反に当たる行為とは? 企業が遵守すべきルール・違反のリスクや予防策などを解説
2023.11.13 2024.01.25
給料の減額は拒否できるのか? 拒否できないケースや打診された場合の対処法などを解説

給料は労働契約の内容であるため、会社が労働者の給料を一方的に減額することは原則としてできません。 ただし、例外的に一方的な給料の減額が認められるケースもあります。 労働者としては、会社から給料の減額を打診されたら、即答せ...

給料の減額は拒否できるのか? 拒否できないケースや打診された場合の対処法などを解説
2023.11.02 2024.01.25
36協定の全てがわかる|時間外労働の規制から違反事例まで詳しく解説

「会社に長時間働かされているが、違法ではないか」 「残業代をきちんと支払ってもらっていない気がする」 「36協定とは、どんなものだろう」 長時間労働や残業代未払いなどの問題に悩み、調べていたところ36協定というものがある...

36協定の全てがわかる|時間外労働の規制から違反事例まで詳しく解説
2023.11.02 2024.01.25
変形労働時間制の会社で働くときに知っておきたいこと|残業の計算やトラブル事例など

「うちの会社は変形労働時間制だが、会社の都合がいいように働かされている気がする」 「変形労働時間制だと、残業代はでないのだろうか」 変形労働時間制を適切に運用すれば、会社にとっても労働者にとってもメリットがあります。 し...

変形労働時間制の会社で働くときに知っておきたいこと|残業の計算やトラブル事例など
2023.10.30 2024.02.19
パワハラ防止法で企業名が公表される危険も!パワハラの定義と対処法をチェック

「どんな行為がパワハラとみなされるのだろう」 「パワハラを受けたらどうしたらいいか」 パワハラは社会問題化しており、今後パワハラに遭わないかと不安な方、被害に遭って苦しんでいる方は少なくありません。 パワハラによる被害を...

パワハラ防止法で企業名が公表される危険も!パワハラの定義と対処法をチェック
2023.10.30 2024.01.25
過労死ラインを超えるとどうなる?健康被害のリスクと過労死認定の見直し

「残業が多過ぎて心身が疲弊している」 「このままでは過労死してしまうかもしれない」 夜遅くまで残業してばかりの日々から抜け出せずに悩んでいませんか。 ニュースで聞いた「過労死ライン」という用語が、「自分にあてはまるのでは...

過労死ラインを超えるとどうなる?健康被害のリスクと過労死認定の見直し
2023.10.30 2024.01.25
月に残業30時間はヤバイ!残業代の支払いがない場合の対処法と残業を減らすコツ

「月に30時間も残業しているけど普通なのかな」 「会社が月に30時間も残業させるのは違法ではないか」 残業が多く心身が疲労すると、このような疑問を感じるのではないでしょうか。 月に30時間も残業をすると、いろいろな不満を...

月に残業30時間はヤバイ!残業代の支払いがない場合の対処法と残業を減らすコツ
2023.09.29 2024.01.25
サービス残業の相談窓口8選|窓口を利用すべきケースや弁護士に依頼するメリットも解説

サービス残業は代表的な労働問題の一つになっており、未払いの残業代に困っている労働者は決して少なくありません。 法定労働時間を超えると原則的には残業の扱いになるので、未払いのサービス残業代に困っている方は、労働基準監督署や...

サービス残業の相談窓口8選|窓口を利用すべきケースや弁護士に依頼するメリットも解説
2023.09.21 2024.01.25
裁量労働制で起こりやすい問題点とは|残業代の支払いやトラブル対処法を知ろう

「私の会社は裁量労働制だけれど、長時間労働が続いている」 「裁量労働制で残業代が出ないけれど、そもそもこれって適法なの?」 裁量労働制とは本来、労働者のクリエイティブな能力を発揮するために自由な働き方を認める制度なのです...

裁量労働制で起こりやすい問題点とは|残業代の支払いやトラブル対処法を知ろう
    弁護士の方はこちら