Newsニュース

プレスリリース

「2021年 日本テクノロジー Fast 50」を3年連続で受賞

株式会社アシロ、テクノロジー企業成長率ランキング
「2021年 日本テクノロジー Fast 50」を受賞
~成長率77.8%を記録し、2019年度から3年連続の受賞~

 

株式会社アシロ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:中山博登)は、デロイト トーマツ グループが発表したテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下、TMT)業界の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2020年 日本テクノロジー Fast 50」において、過去3決算期(2018年10月期-2020年10月期)の収益(売上高)に基づく成長率77.8%を記録し、受賞いたしました。
この度の選出によりアシロは3年連続の受賞となり、継続的にその成長率を評価いただいております。

アシロは法律・弁護士業界とインターネットを結びつけた事業を展開し、成長を続けるベンチャー企業です。 デジタル技術やウェブマーケティングノウハウを活用し、インターネット上で法律情報や弁護士情報を提供するリーガルメディアのサイト運営を主要事業としています。
「リーガルメディア事業」では、離婚・労働問題・交通事故・相続・刑事事件・債務整理・債権回収・IT・企業法務の9つの分野で構成され、地域や相談内容を指定して法律事務所を検索できるポータルサイト「弁護士ナビシリーズ」の運営を主に行っています。また、「派生メディア事業」として、転職・浮気調査といったバーティカルメディアの運営も行っております。
その他、弁護士有資格者の人材紹介サービスである「リーガル HR 事業」を開始するなど、新規事業の立上げにも積極的に取り組んでおり、これからも継続的な成長を目指して参ります。

【受賞要因】
当社の収益(売上高)成長率77.8%を達成した要因として、以下の点が挙げられます。
① 「リーガルメディア事業」において、カスタマーサクセスの組織化を行い解約率の低減に取り組んでいることや、弁護士業界のウェブマーケティングニーズの高まりもあり、顧客数や掲載枠数が堅調に増加致しました。
② 「派生メディア事業」において、転職分野のバーティカルサイトにおいて、取扱い職種や送客先の拡大に取り組み、件数・単価ともに増加致しました。
③ 新たに開始した「リーガルHR事業」において、弁護士有資格者の人材紹介が複数件発生し、売上成長の後押しとなりました。

本賞を2019年より3年連続で受賞することは非常に光栄なことと考えております。当社は今後とも、日々精進を重ね、さらなる躍進を継続してまいります。

■テクノロジー Fast 50プログラムについて
Fast 50は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのランキングプログラムの日本版であり、TMT業界の企業を過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率で順位付けします。指標を収益成長率としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。上場・未上場企業に関わらず、応募が可能です。対象となる事業領域は、ハードウエア、ソフトウエア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテックです。

*本プログラムで開示されている情報について
Fast 50は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、デロイト トーマツ グループやデロイト トウシュ トーマツ リミテッドは、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したりまたは内容を保証したりするものではありません。なお、Fast 50プログラムの詳細については、http://www.deloitte.com/jp/fast50よりご覧いただけます。