不倫問題を弁護士に無料相談できる窓口|相談するときのポイント

不倫問題を弁護士に無料相談できる窓口|相談するときのポイント

「配偶者に浮気された!」「傷ついたこの気持ちをなんとかしたい」という場合には、弁護士へ相談することをおすすめします。

弁護士に相談することで、慰謝料請求など適切な対応をすることが期待できるからです。

とはいえ、身近に相談できる弁護士がいないという方も少なくありません。

せっかく相談するなら、不倫について豊富な経験をもち、親身になってサポートしてくれる弁護士に相談したいはずです。

この記事では、最初に弁護士への無料相談窓口を4つ紹介します。

さらに、相談するにあたっての事前準備や、弁護士に依頼した場合の費用相場もあわせて解説します。

適切な相談先をみつけて、迅速に不倫トラブルに対処するようにしてください。

【無料】不倫問題を無料相談できる弁護士を探せます

パートナーによる不倫で傷ついているあなたを守るのは、法に基づいた専門家による支援です。

弁護士事務所のなかには相談料無料のところも多く、本格的に問題解決をサポートしてもらいたい方は「無料相談できる弁護士事務所」を探した方がスムーズでしょう。

離婚弁護士ナビは、不倫問題などの男女トラブルに注力している弁護士を検索できるサイトです。相談料無料の事務所も多く掲載しており、お住まいの地域から対応可能な弁護士を探せます。無料で利用でき、登録なども不要ですので、まずは一度ご利用ください。

不倫慰謝料問題について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

不倫について弁護士に無料相談できる窓口

まずは、不倫について弁護士に無料相談可能な窓口を確認しましょう。

離婚弁護士ナビ

離婚弁護士ナビは、お住いの地域ごとに離婚トラブルに注力している弁護士を検索できるサービスです。

無料相談を受け付けている事務所も多数掲載してありますし、平日19時以降や土日対応可能な事務所も掲載しています。

離婚トラブルに注力している弁護士のみを取り扱っており、慰謝料請求だけでなく、離婚を検討している方にも利用をおすすめできるサイトです。

離婚弁護士ナビには次のような特徴がありますので、あなたにあった弁護士が見つけられるでしょう。

  1. 弁護士の顔や事務所の様子を画像で確認でき、事前に雰囲気がわかったうえで相談できる
  2. 離婚トラブルのなかでも不倫の慰謝料や親権、養育費など、さらに細かく対応可能な分野が選べる
  3. 電話やメール、対面、リモートなどあなたにあった相談方法が選べる
  4. 近くの地域以外の事務所も検索できる

無料相談が可能な事務所は一覧ページで確認できますので、まずはお住まいの地域の弁護士を検索してみてください。

相談したからといって必ず依頼しなければいけないこともありませんので、まずは気軽に相談をしてみましょう。

離婚弁護士ナビで不倫トラブルが相談できる弁護士事務所を探す

法テラス(日本司法支援センター)

法テラスは、法務省が管轄する法人で、トラブル解決に必要な情報提供や適切な相談先を教えてくれている機関です。

法律トラブルの対処法がわからない人のための「総合案内所」というのが主な役割です。

法テラスでは「民事法律扶助業務」という、経済的に余裕がない人が無料で弁護士に相談を受けられたり、弁護士費用の立て替えをおこなったりという業務もしています。

弁護士への無料相談を検討している人は、この法テラスの民事法律扶助業務を利用してみるとよいでしょう。

ただし、利用するには法テラスの資力基準を満たす必要があります。

詳しい内容は法テラスのホームページを確認してください。

また、法テラスが行う法律相談では、自分で弁護士を選んで相談することはできないため、離婚問題に注力している弁護士に対応してもらえるとは限りません。

場合によっては、十分なアドバイスがもらえない可能性がある点は注意しておきましょう。

【関連記事】法テラスで離婚相談|無料相談の利用条件や費用を抑えるコツ

弁護士会

弁護士会は弁護士と弁護士法人を会員とし、弁護士に対する指導や監督をおこなう役割を担う組織です。

弁護士会は全国の都道府県に設立されています。

弁護士会でも、各会によって異なりますが、法律相談を実施している場合があります。

有料相談である場合が多いですが、相談内容によっては無料相談を実施しているところもあります。

弁護士会によっては弁護士紹介を行っている場合もあります。

運用などは弁護士会ごとに異なりますので、お近くの弁護士会を検索し、確認してみてください。

市区町村の法律相談

各市区町村役場では、住民の方のトラブルを解決するために、弁護士のほか司法書士や行政書士などの士業に無料で相談できるサービスを提供しているケースがあります。

基本的に相談は無料なので、市区町村の法律相談を利用するという方法もあります。

運用内容は市区町村によってことなりますので、まずはお住まいの地域の役場ホームページを確認してみましょう。

なお、市区町村の法律相談も、自分で弁護士を選んで相談することはできないため、不倫トラブルに注力している弁護士に相談できない可能性があることには注意が必要です。

不倫トラブルの弁護士以外の相談先

不倫トラブルは弁護士への相談がおすすめです。

もっとも、弁護士が対応してくれるのは主に法律に関する内容です。

それ以外について相談したい場合には、次のようなところに相談するようにしてください。

探偵

不倫をしているのは明らかだけれど、証拠が見つからないという人は探偵への依頼を検討しましょう。

探偵に依頼すれば不倫の客観的な証拠を押さえることが期待できるからです。

慰謝料を請求する場合には、不倫の証拠を掴んでおくのは非常に重要です。

協議の場では証拠を掴んでおくことで、慰謝料請求を有利に進められます。

また、訴訟で請求する場合には、不倫があった事実を裁判所に対して、客観的な証拠をもって主張・立証する必要があるため、なおさら証拠の有無が重要になります。

なお、探偵が行っている調査は様々で、事務所によって注力している分野が違うことがあります。

事前にホームページで不倫調査の実績やノウハウなどについて確認するとよいでしょう。

離婚カウンセラー

不倫の事実がわかったけれど、法律的な問題とは別のことを専門家に相談したいということもあるでしょう。

上記のような悩みがあるのなら、離婚カウンセラーへの相談が有効です。

離婚カウンセラーは、夫婦のトラブルについてさまざまなアドバイスをしてくれる専門家です。

あなたが抱えている悩みを心に寄り添いながら傾聴し、どのようにすれば最適な解決なのかについてあなたと一緒に考えてもらえます。

離婚カウンセラーに相談するだけで心が楽になることもあるでしょう。

また、豊富な経験をもとにこれからどうするのが最適かについて一緒に考えてもらえます。

今の自分の状況を客観的にみることができ、冷静に対処できるようになれるかもしれません。

【関連記事】【24時間対応】離婚問題を無料で電話相談できる窓口一覧

不倫について弁護士に相談するときのポイント

弁護士へ相談するときには、いくつかの重要なポイントがあります。

通常、相談時間は30分~1時間程度に限られていますから、やみくもに話をしても相談時間を有効に使うことはできません。

ここでは、不倫について弁護士に相談するときのポイントについて確認しておきましょう。

現状の問題点と時系列を整理しておく

まずは、現状の問題点と時系列を整理しておきましょう。

ただあなたの考えを脈絡もなく話すことに終始すると、弁護士が状況把握するだけでたくさんの時間を使ってしまいます。

問題点と時系列を整理しておけば、短い時間で弁護士に事情を理解してもらえますので、その分アドバイスや解決策を受けられる時間が増えるでしょう。

どうしたいのか決めておく

不倫トラブルを相談するといっても、配偶者と離婚したいのか、不倫相手からだけ慰謝料を取りたいのか、配偶者と不倫相手どちらからも慰謝料をとりたいのか、などによって弁護士からのアドバイスも変わってきます。

あらかじめ自分の方向性を決めておいて方がスムーズな解決が望めるでしょう。

証拠になりそうなものは持っていく

不倫の証拠になりそうなものや、トラブルに関係ありそうなものはすべて持っていくようにしてください。

ご自身の言葉では説明しにくい事柄でも、資料を見せるだけで弁護士が事情を理解できるということもあります。

また、あなたは些細なものだと思っていても、弁護士から見ると非常に重要なものということも考えられます。

どういったものが重要かについては、あなた自身では判断が難しいでしょう。

トラブルに関係ありそうな資料については、すべて持参するようにしてください。

事実を隠さずに伝える

不倫について相談するときには、事実を隠さずにそのまま伝えることも重要です。

もし、重要な事実を隠していた場合には、アドバイスの精度が落ちるだけでなく、弁護士のサポートが無意味になることもあります。

適切なアドバイスを受けるには、弁護士が事実を正確に把握する必要があります。

どれだけ言いにくいことであっても、事実を隠さずに伝えるようにしてください。

事件を依頼したい場合は伝える

弁護士に相談して、そのまま依頼したいという場合には事件を依頼したい旨を伝えてください。

ただし、弁護士が受任してくれるかどうかは弁護士の判断ですので、そのことは注意しておく必要があります。

なお、費用は弁護士事務所によって大きく異なります。

また、対処方法も弁護士によって異なる可能性があります。

そのため、複数の弁護士に相談をして、費用や対処方法、あなたとの相性などを比較検討したうえで依頼する弁護士を選ぶようにするとよいでしょう。

不倫トラブルを依頼する弁護士選びのポイント

不倫問題を依頼する弁護士の選び方には、大きく3つのポイントがあります。

離婚問題に注力しているかどうか

1つ目は、弁護士が離婚問題に注力しているかどうかという点です。

弁護士は法律実務を取り扱っているものの、その分野は多岐に渡ります。

離婚問題の解決実績があり、離婚問題に関する知識・経験が豊富な弁護士であれば、交渉や裁判も安心して任せられるでしょう。

弁護士に相談する場合は、離婚問題に注力している弁護士に相談してください。

あなたとの相性はどうか

2つめは、あなたとの相性はどうかということです。

弁護士に事件を依頼すると、打合せなど、弁護士と複数回コミュニケーションをとる機会がありますので、あなたとの相性も重要です。

相性が合わない弁護士に依頼してしまうと、コミュニケーションがうまくとれず、自分の期待する方向性での解決ができなくなってしまうことも考えられます。

必ず電話や面談などで弁護士と直接コミュ二ケーションを取り、相性がよいか、信頼できる弁護士か確認するようにしましょう。

費用体系が明らかになっているか

3つ目は費用体系が明らかになっているかです。

弁護士に依頼した場合、「相談料」「着手金」「報奨金」「日当・実費」といた費用がかかります。

費用体系が明らかでないと慰謝料よりも弁護士費用の方が高くなってしまうこともあります。

費用体系が明確になっている法律事務所を選ぶことをおすすめします。

【関連記事】失敗しない離婚弁護士の選び方|状況別の選ぶポイントと費用の目安

不倫トラブルを弁護士に相談した場合の費用

弁護士に依頼した場合には、当然、費用が発生します。

とはいえ、どの程度の費用がかかるのか、どれくらいが相場かについて把握している人も多くはないはずです。

ここでは、弁護士に依頼するとどういった費用が発生するのか、それぞれの相場はいくらぐらいかについて確認しておきましょう。

相談料

相談料とは、弁護士に相談した場合に発生する費用です。

相場は30分~1時間で5,000円~1万円程度です。

近年では相談料無料としている事務所も少なくありません。

とくに、離婚について注力している事務所であれば、「不倫問題であれば相談料無料」「慰謝料を請求したい場合は相談料無料」としているところもあるでしょう。

事件を依頼するまえには相談から始めることになります。

少しでも費用を抑えたいのであれば、相談料無料の弁護士に依頼するのも1つの手段です。

着手金

着手金とは、弁護士に事件を依頼した場合に発生する費用で、あなたが望む結果になっても、ならなくても支払う必要があるものです。

「弁護士が事件に着手したことに対する報酬」という役割がありますので、仮にどのような結果になっても基本的には返金されることはありません。

不倫問題の着手金は、10~20万円程度としているところが多いです。

また、交渉から訴訟に移行した場合や不倫とともに親権や養育費などについても依頼をする場合、などは別途着手金が必要といった費用形態の事務所もあります。

複数の事項を依頼すると着手金だけで大きな費用になってしまうということもあるので、どういった費用形態なのか依頼前にしっかりと確認しましょう。

報酬金

報酬金とは、弁護士が扱った事件の成功の程度に応じて支払う費用のことです。

事件が成功した場合に支払うことから「成功報酬」とも呼ばれます。

不倫トラブルの場合は、獲得できた慰謝料額に一定の割合をかけたものを支払うことが通常です。

割合は5~20%程度としている事務所が多いでしょう。

なお、「どういったものを成功とするか」はあなたの抱えているトラブルによって変わる可能性があります。

依頼前には、「報酬金」の内容についてしっかりとすり合わせをおこなうようにしましょう。

日当・実費

日当は、弁護士が裁判所に行ったり、相手方と交渉をおこなうために出かけたりなど、事務所以外の場所で仕事をした場合に支払う費用のことです。

相場は1日あたり1~3万円程度です。

一方、実費は交通費や書類の郵送費用など、発生した分だけ全額を支払う必要があります。

特に相場はありません。

訴訟になった場合には訴訟費用も実費として支払うことになるので、留意しておきましょう。

最後に

不倫問題について弁護士に相談できる窓口として「離婚弁護士ナビ」「法テラス」「弁護士会」「市区町村の法律相談」の4つを紹介しました。

あなたに最適な方法で相談するとよいでしょう。

弁護士への相談は、通常、30分~1時間程度と時間が限られています。

精度の高いアドバイスをもらうために、この記事で解説したポイントを押さえておくようにしてください。

なお、依頼する弁護士選びは非常に重要です。

必ず、ホームページなどで注力している分野を確認し、離婚問題の解決実績が豊富にあるか確かめておきましょう。

また、あなたとの相性も大切です。電話や面談でコミュニケーションをとり、相性が良いかも確認してください。

不倫慰謝料問題について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。