失敗しない離婚弁護士の選び方|状況別の選ぶポイントと費用の目安

失敗しない離婚弁護士の選び方|状況別の選ぶポイントと費用の目安

離婚時の弁護士の活躍次第で、離婚後の生活が変わってくると言っても過言ではありません。

例えば、慰謝料増額によって離婚後の生活を安定化させることができますし、養育費獲得によって子供の生活に関する不安を取り除くこともできるでしょう。

弁護士選びの段階から弁護士選びの要点を抑えておき、安心して任せられる弁護士を探すことが大切です。

依頼した後の弁護士との関わりは、数週間~数ヶ月と決して長いものではありません。しかし、離婚問題は今後の人生も大きく左右するため、最初の弁護士選びの時点から真剣に行う必要があります。

こちらの記事では、失敗しない離婚弁護士の選び方を中心に、弁護士依頼のメリットや弁護士費用について解説します。

ぜひ参考にしていただき、後悔のない弁護士選びをしてください。

離婚問題での弁護士選びにお悩みの方へ

離婚問題を相談するということは、家庭事情をある程度は赤裸々に語らなければなりません。となると、依頼する弁護士との間に信頼関係を構築できるかどうかが、問題解決の大きなカギを握ります。

当社が運営する「離婚弁護士ナビ」では、離婚問題が得意の弁護士を地域や分野に分けて検索できますので、ぜひご活用ください。

離婚問題について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

この記事を監修した弁護士
社内弁護士用アイコン
当社在籍弁護士(株式会社アシロ)
弁護士登録後、地方で一般民事・家事、刑事事件を中心に様々な案件を手掛ける。次第に司法アクセスの改善に課題を感じ、2020年に当社に入社。現在インハウスローヤーとして多方面から事業サポートを行う。

失敗しない離婚弁護士の選び方

離婚弁護士を選ぶ際のポイントをまとめると以下の通りです。

それぞれ詳しくご説明します。

離婚分野に注力している

弁護士とひと言に言っても、取り扱う分野はそれぞれ異なります。眼の不調があれば眼科に行くように、離婚問題では、離婚・男女問題に力を入れている弁護士に絞って選びましょう。

離婚問題に力を入れているかどうかは、主にホームページの以下の内容などを参考に判断できます。

知人から弁護士を紹介してもらう場合もありますが、もしかすると紹介された弁護士は離婚問題を普段扱っていないかもしれません。他の分野で活躍している弁護士であれば、離婚問題に注力した弁護士を自分で探すことも検討しましょう。

離婚問題の解決実績が豊富である

上の内容とも関連しますが、離婚問題の解決実績も見ながら選んでいきましょう。

弁護士の解決実績は、主にホームページ等で確認することができます。

単に件数や経歴だけを見るのではなく、親権問題や慰謝料請求など、自分の今の悩みでの解決実績が多いかどうかも確認してみてください。

例えば、男性で親権を獲得したいと考えている場合(一般的に、特に子どもの年齢が小さいときは父親の方が親権を獲得しにくい)、ホームページで同様の解決例を探してみたり、相談時に聞いてみたりしても良いでしょう。

親身に相談に乗ってくれる

相談者に親身になって相談を受けてくれるかどうか?という点も注目すべきです。

弁護士として、依頼者であるあなたと適切なコミュニケーションが取れるか否かを判断します。例えば、一方的に解決方法をアドバイスしてくるだけではなく、依頼者の考えや希望を汲み取ってくれるかも重要です。

また、離婚問題では聞きなれない法律用語も出てきます。それらの専門用語を分かりやすく伝えてくれるかも重要です。

相談者を置き去りにして話を進めて行く弁護士は、後々トラブルが発生する可能性もあるため、敬遠すべきでしょう。

相談者と弁護士に適度な距離感があり、親身になって話を聞いてくれることが重要です。

無料相談できる事務所もある

注力分野や実績は、弁護士事務所のホームページでもある程度調べられますが、人の性格はホームページ上だけでは判断しにくいです。近年では、無料相談できる法律事務所が増えています。

離婚相談の場合、初回30分や1時間程度無料で相談を受けてくれる弁護士もいます。無料相談を活用して、「自身にとって信頼できる弁護士がどのような人物なのか?」を探っていきましょう。

探偵など他の専門家との繋がりがある

「不倫慰謝料請求のために浮気の証拠を揃えたい」「持ち家は売却して財産分与を考えている」などの状況では、探偵や不動産会社などの弁護士以外にも他の専門家の力が必要になる場合があります。

ご自身でそれらの専門家を探しても良いですが、依頼した弁護士が他の専門家と連携が取れるのであればその負担は軽くなるでしょう。

離婚分野に力を入れている弁護士であれば、離婚時に関わる他の専門家との繋がりがあることも少なくありません。

ホームページで他の専門家との関係を記載している場合もありますし、具体的な相談をする中で、紹介してもらえるかどうかを確認しても良いでしょう。

料金体系が明確である

料金面も弁護士選びの重要なポイントです。弁護士費用は弁護士事務所でそれぞれ設定されています。

ホームページを見て選ぶ場合、料金体系が分かりやすく、十分に納得できる価格帯の弁護士を選びましょう。

費用面は弁護士選び方の重要な要素の1つですので、後ほど詳しくご説明します。

話しやすい存在である

弁護士も人ですから、相性の良し悪しがあります。

淡々と事実のみを述べてくれる弁護士に頼りがいを感じる方もいらっしゃるでしょうが、精神的にもつらい状況が多い離婚問題では、きちんと話を聞いてくれることも大事です。

相談者が話しやすいと思えれば、本来は話そうとは思っていなかった内容まで話してしまうこともあるでしょう。

しかし、その相談者の奥の悩みや日常の不満が問題解決の糸口になることもあり、しっかり話を聞くことに重きを置いている弁護士は多いといえます。

上でお伝えしたように、きちんと話を聞いてくれることと併せて、話しやすい存在なのかどうかも判断しながら選んでいきましょう。

同性弁護士である必要はない

離婚問題では、男女それぞれの立場で分かれます。同性だから話しやすいことはあるでしょうが、必ずしも同性弁護士である必要はありません。

異性弁護士は、あなたとは異性でも交渉相手の配偶者とは同姓です。「相手方がどういう心配をしているか?」「どのような交渉が有効か?」などが分かり、異性弁護士だからこその強みもあるかもしれません。

同性弁護士に限定すると選択肢も狭まりますので、同性のみに絞って選ぶ必要性は低いと考えられます。

後悔しない離婚弁護士の探し方

身近に相談しやすい弁護士がいるという方も少ないでしょうから、実際に離婚問題が起きて始めて弁護士を探し始める方が多いでしょう。

早めに任せられる弁護士を見つけることも大事ですが、他にも候補がいたにも関わらず、駆け足で依頼する弁護士を決めてしまうと後悔することもあります。色んな方法を取って弁護士を探してみましょう。

ポータルサイトで探す

現在、インターネット上で弁護士が探しやすくなってきており、特におすすめするのが数多くの弁護士が掲載されたポータルサイトの活用です。

さらには、離婚問題に力を入れている弁護士に絞って掲載しているポータルサイトもありますので、多すぎる選択肢から選んでいく手間も省いてくれます。

当社でも、離婚問題に力を入れている弁護士のみを掲載した『離婚弁護士ナビ』の運営を行っていますので、ぜひ候補の1つにしてみてください。

離婚・男女問題の相談ができる弁護士を探す

知人から紹介してもらう

弁護士の知り合いがいる人や、以前に弁護士に依頼した人から紹介してもらう方法もあります。

特に弁護士依頼の経験がある方からの紹介は、良かったと思ったから紹介してくれているわけですから、弁護士の質についてはある程度期待できます。

ただし、注意すべき点は離婚問題に力を入れている弁護士かどうか?ということです。例えば、交通事故トラブルで「良かった」と弁護士を紹介してもらっても、その弁護士が離婚問題にまで力を入れているとは限りません。

知人からの紹介でも、その弁護士が離婚問題に注力しているかどうかは確認し、そうでないようであれば、自分で弁護士を探すことも選択肢に入れておきましょう。

法テラスを利用する

法テラス』では、法的なトラブルを解決に導くために、最適な相談窓口・機関の紹介や情報の提供を行っています。

また、経済的に弁護士を利用するのが難しい人に対し無料相談を行っていますので、弁護士費用に不安が残る方は探し先の候補にしましょう。

1つの案件につき3回まで無料相談できますが、必ずしも離婚問題の解決に注力している弁護士に相談できるとは限りませんので注意しましょう。

弁護士会の法律相談を利用する

各弁護士会によっては、定期的に法律相談を行っており、来所相談以外にも電話相談を受け付けているところがあります。

相談の対応状況は弁護士会ごとに違うので、お住まいの地域の『弁護士会』を確認してみましょう。

悩みの内容による離婚弁護士を選ぶヒント

離婚弁護士の選び方は、上記でお伝えしたようにいくつもありますが、相談・解決したい内容に応じて、どのような部分を特に注目して選ぶのかが分かれてきます。

離婚したいなど漠然な悩みがある

「離婚したいけどどうすればよいか分からない」「配偶者に対して不満が募っている」など、漠然とした状況で相談される方も少なくありません。

このような方でも弁護士相談を利用して問題ありませんが、特に「親身になって話を聞いてくれる」「話しやすい弁護士」に注目して選んでいきましょう。

中には、「法律相談以外お断り」といったスタンスの弁護士もいますが、小さい悩みでもしっかり話を聞いてそこから解決策を提示してくれる弁護士も多くいます。

「離婚したいけど漠然と不安」といった相談でも、「財産分与と慰謝料請求で〇〇万円ほど請求できそうですから、そこからの生活を考えてみてはいかがでしょうか?」などと具体的なアドバイスに繋がることもあり、離婚に対し前向きになれるでしょう。

慰謝料請求や金銭的な問題解決をしたい

慰謝料請求や財産分与など、離婚に関わる金銭問題を解決したい場合、最終的に自分にとっていくらの利益が出てくるかが重要になります。

同じ問題だとしても、依頼した弁護士によっては最終的に請求できる金額に違いが出てきます。これまでの実績を見ながら、より多くの請求や解決が見込める弁護士を選んでいきましょう。

また、弁護士費用についてもしっかり確認が必要です。高額な請求ができたとしても、多くが弁護士費用になってしまえば、手元に入ってくるお金も低くなるため、弁護士費用の見積りも行うことをおすすめします。

離婚調停や裁判を考えている

協議(夫婦による話し合い)によって離婚や金銭請求などの解決が難しいような場合、離婚調停や裁判を検討していきます。

弁護士によっては「離婚調停では〇〇万円」「裁判になれば〇〇万円」などと料金設定している場合もあります。相談しながら、料金設定が分かりやすい弁護士を選んでいきましょう。

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼することで以下のメリットが望めます。

それぞれ確認していきましょう。

交渉や訴訟手続きなどの代理ができる

弁護士に依頼すれば、配偶者との交渉や訴訟手続きなどを代理でお願いすることができます。

離婚を考えている相手とは、話し合うことすら精神的につらい状況もあるでしょう。代わりに交渉を行ってもらえれば、精神的負担の軽減ができますし、相手がこちらの要望に応じてくれる可能性を高めてくれます。

離婚調停や訴訟になると、裁判所に対して手続きを行うため、必要書類などを揃えることになり、労力を要します。手続きを弁護士に依頼することで、極力早く負担を軽減しながら解決を目指すことができるでしょう。

できる限り早い解決が目指せる

繰り返しになりますが、弁護士が付いていることで、相手にこちらの本気度が伝わり、相手が交渉に応じてくれる場合があります。

この場合、離婚に向けた前向きな交渉ができる可能性が高まりますので、早期の解決が目指せます。

離婚成立や親権獲得などの依頼者の望みに近づける

弁護士に依頼すれば、可能な限り依頼者の望みに即した解決ができるように活動してくれるでしょう。

「離婚したいが相手が合意してくれない」「親権だけは何としても獲得したい」などの具体的な希望があれば、弁護士依頼を前向きに検討すべきといえます。

請求額の増額が望める

慰謝料や財産分与、養育費などのお金の問題解決を目指す場合にも、弁護士が代理人となることで増額が望めます。

また、説得力を持たせて請求や交渉を行ってくれますので、相手が応じてくれる可能性を高めることもできるでしょう。

慰謝料請求された場合の減額交渉も可能

弁護士の依頼は、慰謝料を請求する側だけがするものではありません。慰謝料請求された側からの依頼も多くあります。

弁護士に依頼することで、交渉や財産分与などの調整によって慰謝料減額を目指してくれるでしょう。

また、慰謝料の分割払いなどの交渉も行い、現実的に支払える慰謝料額での調整も期待できます。

離婚弁護士に依頼した場合の費用相場

離婚弁護士に依頼する際、唯一と言えるデメリットは弁護士費用です。

弁護士を選ぶ上でも費用面は注目するでしょうし、決して安いものではありませんので、仕組みをしっかり理解した上で納得して依頼をするようにしましょう。

こちらでは、離婚弁護士にかかる弁護士費用の種類と相場、費用を抑えるポイントについてご説明します。

【関連記事】

離婚にかかる弁護士費用はいくら?相場や内訳・支払いの際の注意点

弁護士費用の相場

離婚弁護士かかる費用の種類と相場をまとめると、以下の通りになります。

費用の種類 費用相場
相談料 1時間/0円~1万円
着手金 約20~30万円
成功報酬金 約10~20%
実費や日当など 事務所による

どのような依頼をするか?いくら請求するか?などにもよりますが、おおむね50~100万円程度はかかると予想しておきましょう。

また、弁護士事務所によって料金体系や価格設定も違いますので、弁護士選びの際には、きちんと見積りまで取ってもらうことをおすすめします。

相談料

弁護士に依頼する際、相談料がかかる場合があります。相場としては1時間で5,000円~1万円ほどです。ただ、初回相談無料などを実施している弁護士も増えています。

弁護士を選ぶ際には、ぜひ無料相談も上手く活用しましょう。

着手金

着手金は、弁護士に依頼をする際に支払う費用です。どのような結果になっても支払う費用ですから、依頼前に慎重に検討しましょう。着手金の相場は20~30万円ほどです。

成功報酬

成功報酬は、弁護士依頼を行って何らかの成果を得た際に支払う費用です。主に2パターンあり、相場は以下の通り。

例えば、慰謝料請求で100万円が獲得でき、成功報酬が15%だった場合、成功報酬金は15万円になります。

離婚が成立した場合や親権獲得できた場合などには、結果に応じて10~30万円程度の成功報酬金がかかると覚えておきましょう。

実費や日当など

弁護士事務所によっては、別途実費や日当などが請求される場合があります。

実費は弁護士が必要とした交通費や通信費、手続きを行う際に生じた費用などです。

日当は弁護士が交渉や裁判所に赴いた場合に時間あたりに生じる費用で、1日で5~10万円程度、数時間を5万円未満に設定されてある場合があります。

なかには、実費や日当などは着手金に含むという扱いの事務所もありますので、依頼前には必ず実費と日当の扱いについて確認しておきましょう。

弁護士費用を抑えるポイント

どうしても高額になってきがちな弁護士費用ですが、以下の方法を取ることで金額を抑えていくことができます。

無料相談を活用する

何度かお伝えしていますが、無料相談ができる弁護士も増えています。無料相談を中心に弁護士を探していき、ご自身に合った弁護士を選んでいきましょう。

きちんと見積りをもらう

相談した結果頼れる弁護士が見つかればすぐにでも依頼した気持ちになりますが、いったん、トータルでかかる費用の見積りをきちんともらうようにしましょう。

いくら良いと思っていた弁護士でも、予想以上に費用がかかれば不満に思うことも出てしまいます。金銭請求するのに弁護士費用の方が高くなってしまえば元も子もありません。

しっかり見積りまでもらった上で、納得して依頼を決めたほうが、後悔することも少ないでしょう。

法テラスを利用する

どうしても弁護士費用の支払いが難しい方は、法テラスの立替制度の利用を検討しましょう。

立替なので、後々支払っていく必要はありますが、弁護士に依頼できずに問題を先延ばししたり、泣き寝入りしたりすることを防げます。

立替制度を利用するにあたって、収入と資産が条件を下回っている必要がありますので、以下のリンク先を参考に自身が該当するか確認しておきましょう

参考:費用を立て替えてもらいたい|法テラス

まとめ

離婚弁護士を選ぶにあたって、以下の点に注目しましょう。

大前提として、『離婚問題に力を入れていること』が求められます。その上で、話しやすいこと費用面での納得感があることが重要になってくるでしょう。

離婚問題の実績や料金体系はホームページで調べることができますが、弁護士との相性は実際に相談してみないと分からないことも多いです。無料相談を上手く活用しながら、納得して任せられる弁護士を選んでいきましょう。

離婚問題について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。