不倫問題を弁護士に相談するには|無料で利用可能な窓口を紹介

不倫問題を弁護士に相談するには|無料で利用可能な窓口を紹介
【注目】今すぐ弁護士に無料相談したい方はこちら!

不倫問題について、今すぐ弁護士に無料相談したいなら「不倫慰謝料弁護士ナビ」がおすすめです。

 

不倫慰謝料弁護士ナビでは、以下のような弁護士を探すことができます。ぜひあなたの希望や悩みにあった弁護士を見つけてみてください。

弁護士はあなたの悩みに真摯に向き合います。お気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
相談料無料※
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります
  • 「配偶者の不倫が発覚して、これからどうすればよいかわからない」
  • 「不倫相手に慰謝料を請求したい」
  • 「自分が不倫をしてしまい、不倫相手の配偶者から多額の慰謝料を請求をされた」

上記のような不倫問題で悩んでいる人は、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談すれば、不倫問題の適切な対処方法をアドバイスしてくれて、不倫をされた人も不倫をしてしまった人も早期の問題解決が望めます

しかし、「身近に相談できる弁護士がおらず、どのように探せばよいかわからない」という人も多いでしょう。

せっかく相談するのであれば、不倫問題について豊富な経験があり、親身になってサポートしてくれる弁護士に相談したいはずです。

本記事では、不倫問題について弁護士に無料相談できる窓口や相談時のポイント、弁護士の選び方や弁護士費用の相場などを解説します。

この記事を監修した弁護士
竹中 朗
竹中 朗弁護士(シティクロス総合法律事務所)
離婚・男女トラブルについて最善の解決を目指します。経験豊富な弁護士が小まめな連絡で安心対応いたします。

不倫について弁護士に無料相談できる窓口

ここでは、不倫問題について弁護士に無料相談できる窓口を解説します。

ベンナビ不倫慰謝料

不倫慰謝料弁護士ナビ

ベンナビ不倫慰謝料はこちら

ベンナビ不倫慰謝料とは、不倫慰謝料トラブルに注力している全国の弁護士を検索できるポータルサイトです。

ベンナビ不倫慰謝料には、不倫慰謝料トラブルに注力している弁護士だけを掲載しており、慰謝料請求だけでなく離婚を検討している人などにもおすすめです。

ベンナビ不倫慰謝料の特徴は以下のとおりです。

  1. 弁護士の顔や事務所の様子を画像で確認でき、事前に雰囲気などを知ってから相談できる
  2. 対面相談・電話相談・メール相談・オンライン相談など、さまざまな方法で相談できる
  3. 都道府県ごとに対応可能な弁護士を一括検索できる
  4. 無料相談可能な事務所を掲載している
  5. 平日19時以降や土日祝日でも相談できる事務所を掲載している

弁護士に依頼はせずに相談だけ利用することもできますので、お気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
相談料無料※
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります

法テラス(日本司法支援センター)

法テラスとは、法律問題に関する情報提供や相談先の紹介などをしてくれる機関です。

法テラスでは「民事法律扶助」というサポートをおこなっており、無料で弁護士に相談できたり、弁護士費用を一時的に立て替えてくれたりします。

ただし、民事法律扶助の対象になるのは「無料の法律相談を受けたい|法テラス」に記載されている利用条件を満たしている人だけです。

なお、法テラスで弁護士に相談する場合は自分で弁護士を選択できないため、不倫問題が得意ではない弁護士が担当になってしまい、満足のいくアドバイスをもらえない可能性もあります。

弁護士会

弁護士会とは、全国の弁護士が所属している団体です。

弁護士会は全国に設置されており、無料法律相談や弁護士紹介などに対応しているところもあります。

ただし、対応状況や受付時間などは場所によって異なるため、詳しくは「全国の弁護士会・弁護士会連合会|日本弁護士連合会」から直接ご確認ください。

市区町村役場の法律相談

市区町村役場によっては、弁護士・司法書士・行政書士などに無料相談できるサービスを提供しているところもあります。

対応状況や受付時間などは場所によって異なるため、詳しくは各役場のホームページをご確認ください。

なお、市区町村役場の法律相談では自分で弁護士を選択できないため、不倫問題が得意ではない弁護士が担当になってしまう可能性もあります。

不倫問題について弁護士以外の相談先

不倫問題については弁護士への相談がおすすめですが、弁護士が対応してくれるのは主に法律に関する内容です。

法律以外の内容について相談したい場合は、以下のような相談先があります。

探偵

「配偶者が不倫をしている可能性はあるものの、証拠が見つからない」という場合は、探偵がおすすめです。

探偵に依頼すれば、不倫の証拠を獲得できる可能性があります。

不倫の慰謝料を請求する場合は、不倫の証拠を掴んでおくことが大切です。

特に、当事者同士で交渉しても解決せずに裁判に移行する場合は、不倫の証拠を用いて主張・立証する必要があるため、十分に証拠を準備しておかなければいけません

なお、探偵にはそれぞれ注力分野があるため、依頼する際は事前にホームページなどで解決実績やノウハウなどを確認しておきましょう。

また、「不倫の証拠は一応持っているものの、これで足りるのかどうかわからない」という場合は、弁護士に相談しましょう。

探偵業者によっては、依頼を獲得するために、法的には十分な証拠が揃っていても「調査の必要があります」などと説得してくることもあります。

弁護士に相談すれば、証拠の収集状況をもとに、探偵に依頼するべきかどうかを法的視点からアドバイスしてくれます。

離婚カウンセラー

以下のような悩み事については、離婚カウンセラーへの相談がおすすめです。

  • 不倫をされて大きなショックを受けており、とにかく話を聞いてほしい
  • 不倫が発覚したことで、離婚するべきかどうか悩んでいる
  • 不倫問題を乗り越えて、夫婦円満になるための方法を教えてほしい

離婚カウンセラーであれば、夫婦間の問題について気持ちに寄り添って話を聞いてくれて、どのような選択が最適なのかを一緒に考えてくれます。

不倫問題の解決を弁護士に依頼するメリット

不倫が発覚して慰謝料をめぐるトラブルなどが起きた場合は、弁護士に依頼するのがおすすめです。

弁護士に問題解決を依頼すると弁護士費用がかかりますが、そのぶん以下のようなメリットが望めます。

相手との交渉を全て任せられる

不倫問題では、お互いに感情的になってしまって交渉が進まないということもあります。

弁護士であれば相手との交渉を一任でき、第三者である弁護士が間に入ることで相手も冷静さを取り戻し、スムーズな交渉の進行が期待できます。

たとえば、「不倫相手に全く反省の色がなく、こちらが慰謝料を請求しても応じてくれない」という場合は、弁護士が不倫相手に対してきちんと支払うよう説得してくれますし、それでも応じない場合は裁判に移行して慰謝料請求してくれます。

また、不倫相手の配偶者から脅迫を受けたり、不倫とは関係のない無理な要求をされたりした場合なども適切に対処してくれます。

精神的負担が減る

不倫問題では、思うように交渉が進まなかったり、無理な要求をされたりしてストレスを感じることもあります。

弁護士に依頼すれば、相手とのやり取りは全て弁護士が対応するため、直接相手と顔を合わせたり電話をしたりせずに済みます。

弁護士に依頼することで相手と直接関わる必要がなくなり、トラブル対応にかかるストレスを軽減できるというのもメリットです。

あとでトラブルが起きないように対処してくれる

不倫問題で相手との交渉が成立した場合、通常は合意内容をまとめた示談書を作成するのが通常です。

しかし、素人が示談書を作成すると、記載内容に漏れや不備などがあっても気付かずに、のちのちトラブルに発展する恐れがあります。

弁護士に依頼すれば、過不足のない適切な示談書を作成してくれて、トラブルに発展するリスクを抑えられます

不倫問題について弁護士に相談するときのポイント

基本的に、弁護士との相談時間は30分~1時間程度と限られているため、時間を無駄にしないためにも以下のポイントを押さえておきましょう。

現状の問題点や時系列を整理しておく

弁護士に不倫問題を相談する際は、現状の問題点や時系列を整理しておきましょう。

以下のように情報を整理しておけば、弁護士もスムーズに状況把握でき、相談時間を無駄にせずに済みます

  • ○月○日:夫のLINEを見て不倫が発覚
  • ○月○日:夫の不倫相手に慰謝料を請求するLINEを送る
  • ○月○日:夫の不倫相手から「○○」というLINEが送られてくる

自分はどうしたいのかを決めておく

一口に不倫問題といっても、「配偶者と離婚したい」「不倫相手から慰謝料を取りたい」などの希望内容によってアドバイスの内容は大きく変わります。

弁護士に不倫問題を相談する際は、なるべく具体的に自分の希望を固めておきましょう

証拠になりそうなものがないか探しておく

不倫の証拠になりそうなものや、相談内容に関係ありそうなものがあれば、相談時に持参しましょう。

相談状況が複雑で口頭では説明が難しいようなケースでも、証拠や資料などがあれば弁護士がスムーズに状況把握できることもあります。

自分にとっては些細なものでも、弁護士からすると重要な証拠として役立つこともあるため、少しでも関係ありそうなものがあれば忘れずに持参してください。

弁護士には事実を隠さずに伝える

弁護士に不倫問題を相談する際は、事実を隠さずにそのまま伝えることが大切です。

弁護士に隠しごとをしてしまうと、アドバイスの精度が落ちたり、サポートを受けても無駄になったりする恐れがあります。

弁護士には守秘義務があり、他者に相談内容が知られることはないため、安心してご相談ください。

弁護士に問題解決を依頼したい場合は伝える

弁護士に不倫問題を相談して、そのまま依頼したい場合は、問題解決してほしいという旨を伝えましょう。

ただし、弁護士費用は事務所によってバラつきがあるため、複数の弁護士に相談して比較検討したうえで判断することをおすすめします。

不倫問題で弁護士を選ぶときのポイント

不倫問題で弁護士を選ぶ際は、以下のポイントをチェックしましょう。

離婚問題に注力しているか

弁護士の対応分野は多岐にわたり、弁護士にはそれぞれ得意分野・不得意分野があります。

不倫問題などの離婚分野が得意な弁護士であれば、これまで培ったノウハウや知識をもとに対応してくれて、納得のいく形での問題解決が望めます。

自分との相性は合っているか

弁護士に問題解決を依頼する場合、情報共有や進捗報告などのために弁護士と複数回コミュニケーションをとる機会があります。

相性の合わない弁護士に依頼すると、うまくコミュニケーションがとれないまま弁護士が動き出してしまい、不満の残る結果に終わる恐れがあります。

相談時は、なるべく面談や電話などで弁護士と直接やり取りをして、自分と相性が合いそうかどうか確認しましょう。

費用体系が明らかになっているか

弁護士に事件解決を依頼すると、着手金・報酬金・日当・実費などの弁護士費用がかかります。

費用体系が不明確なところに依頼すると、慰謝料などの獲得金額よりも弁護士費用のほうが高くついてしまい、金銭的に損をする恐れがあります。

弁護士に依頼する際は、依頼前に見積もりを取って費用総額を確認できるところを選びましょう。

不倫問題の解決を依頼した場合の弁護士費用

ここでは、不倫問題の解決を依頼した場合の弁護士費用の内訳や、相場などについて解説します。

相談料

相談料とは、弁護士に相談する際にかかる費用です。

相談料の相場は30分~1時間あたり5,000円程度ですが、「初回相談は無料」という事務所などもあります。

着手金

着手金とは、弁護士に問題解決を依頼する際にかかる費用です。

不倫問題の場合、着手金の相場は10万円~20万円程度です。

「交渉から裁判に移行した場合」や「親権や養育費などの対応も依頼する場合」などは、事務所によっては別途着手金がかかることもあります。

なお、弁護士に依頼して期待通りの結果にならなかったしても、基本的に着手金は返金されません。

報酬金

報酬金とは、弁護士に依頼した結果、成功の程度に応じてかかる費用で、成功報酬とも呼ばれます。

不倫問題の場合、報酬金の相場は獲得額の10%~20%程度です。

割合は10~20%程度としている事務所が多いでしょう。

なお、成功の定義は事務所によって異なる場合もあるため、依頼前には報酬金の内容について確認しておくことをおすすめします。

日当・実費

日当は、弁護士が事務所を離れて仕事をする場合にかかる費用で、不倫問題では「不倫相手と直接交渉する場合」や「裁判所に出廷する場合」などにかかります。

日当の相場は、1日あたり1万円~3万円程度です。

実費とは、依頼を受けた弁護士が業務をおこなう際にかかった費用のことで、一例としては「交通費」や「書類の郵送費用」などがあります。

実費については、実際にかかった金額を全て支払います。

不倫問題の弁護士費用を支払えない場合の対処法

なかには「弁護士に問題解決を依頼したいけど、弁護士費用を支払えるか心配」という人もいるでしょう。

そのような場合は、以下の対処法を検討しましょう。

法テラスの民事法律扶助を利用する

無料の法律相談を受けたい|法テラス」に記載されている民事法律扶助の利用条件を満たしていれば、法テラスが弁護士費用を一時的に立て替えてくれます

法テラスの民事法律扶助を利用して弁護士に依頼した場合、原則として毎月5,000円~1万円程度を分割払いで返済します。

弁護士費用の一括払いが厳しい人は、民事法律扶助の利用条件を満たしているかどうか確認しましょう。

【関連記事】法テラスで離婚相談|無料相談の利用条件や費用を抑えるコツ

分割払いに対応している事務所を選ぶ

弁護士費用の一括払いが厳しい場合は、分割払いに対応している事務所を選ぶという方法もあります。

弁護士費用の分割払いに対応しているかどうかは事務所ホームページに記載されており、分割可能と明記されていなくても、一括払いが厳しいことを相談すれば対応してくれることもあります。

まずは無料相談などを活用して、弁護士費用を分割払いできないか話してみましょう。

着手金0円の事務所を選ぶ

事務所によっては、成功報酬の算定割合を高くするかわりに、着手金を0円に設定しているところもあります。

「すぐにでも弁護士に動いてもらいたいが、着手金を支払うのが厳しい」という場合は、着手金0円の事務所を探しましょう。

ただし、着手金0円の事務所の場合、まとまったお金を準備せずに依頼できるというメリットはあるものの、費用総額としては着手金ありの事務所よりも高額になる可能性があります。

依頼前には、見積もりを取って費用総額を確認しておきましょう。

さいごに

不倫問題に関する弁護士の無料相談窓口はさまざまありますが、自分に合った弁護士を効率的に探したい人には「ベンナビ不倫慰謝料」がおすすめです。

不倫問題などの離婚分野が得意な弁護士であれば、これまで培ったノウハウや知識をもとに対応してくれて、納得のいく形での問題解決が望めます。

弁護士に依頼せずに相談だけ利用することもできますので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

【注目】今すぐ弁護士に無料相談したい方はこちら!

不倫問題について、今すぐ弁護士に無料相談したいなら「不倫慰謝料弁護士ナビ」がおすすめです。

 

不倫慰謝料弁護士ナビでは、以下のような弁護士を探すことができます。ぜひあなたの希望や悩みにあった弁護士を見つけてみてください。

弁護士はあなたの悩みに真摯に向き合います。お気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
相談料無料※
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります
この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。
    弁護士の方はこちら