【加害者向け】性犯罪事件の無料相談先|弁護士を探す方法を解説

【加害者向け】性犯罪事件の無料相談先|弁護士を探す方法を解説

強制性交等罪や強制わいせつ罪、公然わいせつ罪、痴漢・盗撮などの犯罪をまとめて性犯罪といいます。

性犯罪を犯してしまった場合、迅速に弁護士に相談・依頼する必要があります。

弁護士に依頼することで、取調べのアドバイスを受けられたり、被害者との示談交渉を進められたりします。

本記事では、性犯罪を犯してしまった加害者向けに、性犯罪事件の無料相談窓口を紹介します。

また、性犯罪事件について無料相談するときの心構え、性犯罪事件で弁護士ができること、性犯罪事件の解決を依頼する場合の弁護士費用などについて解説します。

性犯罪について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越山梨新潟長野富山石川福井
東海愛知岐阜静岡三重
関西大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
被害者の方は法テラスへご相談ください
この記事を監修した弁護士
須賀翔紀
須賀翔紀弁護士(須賀法律事務所)
刑事分野全般に注力しているが、幅広い分野の相談が可能。依頼者に寄り添った迅速丁寧な対応を心がけているほか、オンラインでの面談も可能なため遠方の依頼者でも柔軟に相談を受け付けている。

【状況別】性犯罪事件の無料相談窓口・制度

性犯罪事件で弁護士と無料で相談する主な方法は、以下のとおりです。

【性犯罪事件で弁護士と無料で相談する方法】

  • ベンナビ刑事事件
  • 当番弁護士制度

ここでは、性犯罪事件の加害者向けに弁護士と無料で相談できる方法を紹介します。

ベンナビ刑事事件|逮捕前でも逮捕後でも相談可能

性犯罪事件が得意な弁護士を探したい場合は、ベンナビ刑事事件」を利用するのがおすすめです。

刑事事件弁護士ナビは刑事事件が得意な弁護士を探せるポータルサイトであり、性犯罪事件が得意な弁護士も多数掲載されています。

また、土日祝日・夜間相談可能、オンライン相談可能、初回相談無料などに対応した弁護士を見つけることが可能です。

各法律事務所の解決事例や対応方針、料金体系などを比較しながら依頼先を決められます。

当番弁護士制度|逮捕されたあとに1回だけ利用可能

当番弁護士制度とは、刑事事件で逮捕された際に無料で弁護士に接見に来てもらう制度のことです。

【当番弁護士制度の特徴】

  • 1回のみ無料で接見に来てもらえる
  • 今後の流れや疑問について回答してもらえる
  • 被疑者の家族でも要請を依頼することができる

被疑者やその家族から派遣要請を受けると、すぐに被疑者が身柄拘束されている場所に当番弁護士が駆けつけてくれるので、取調べに向けたアドバイスを受けたり、家族への伝言を依頼できたりします。

被疑者本人が当番弁護士制度を利用したい場合は、警察官、検察官、裁判官に対して「当番弁護士を呼んでほしい」と伝えましょう。

性犯罪事件について無料相談するときの心構え

性犯罪事件について無料相談するときの心構えは、以下のとおりです。

【性犯罪事件について無料相談するときの心構え】

  • 事件の経緯や人物関係などを整理しておく
  • 嘘をついたりせずに全ての事実を打ち明ける
  • 相談だけでなく事件対応を依頼することも考える

ここでは、性犯罪事件について弁護士に無料相談するときの心構えについて解説します。

事件の経緯や人物関係などを整理しておく

弁護士との無料相談では、時間制限が設けられています。

そこで効率よく相談するためにも、事件の経緯や人物関係などを事前に整理しておくのがおすすめです。

「いつどのような経緯で事件が発生したのか」「現在どのような状況になっているのか」などを時系列に沿ってわかりやすくまとめておきましょう。

嘘をついたりせずに全ての事実を打ち明ける

性犯罪について弁護士に相談するときは、嘘をつかないことが非常に重要です。

たとえば、被害者の同意がないのに「被害者から同意があった」と主張している場合、適切なサポートを受けることができなくなります。

弁護士側は被疑者を弁護するために、できる限り正確に事件の詳細を把握する必要があります。

弁護士からの適切なサポートを受けるためにも、弁護士には嘘をつかずに事件のことを正確に話すようにしましょう。

相談だけでなく事件対応を依頼することも考える

性犯罪事件では、弁護士によるサポートが欠かせません。

自分で対応するとなれば、法律に対する知識が乏しいため、うまく対応することが難しいでしょう。

事件対応も依頼すれば、今後どう罪と向き合って対応していけばいいのかが明確にできます。

弁護士に無料相談する場合、事件対応も依頼することを前提に利用するほうがよいでしょう。

なお、相談する際は以下のような点についても確認しておきましょう。

【弁護士との相談時に確認しておくポイント】

  • 刑事事件(特に性犯罪事件)の解決実績が豊富か
  • 相談者の話を丁寧に聞いてくれて、わかりやすく説明してくれるか
  • 依頼後すぐに示談交渉を始めてくれるなど、スピード感があるかどうか
  • 弁護士費用の見積もりを出してくれて、料金の総額を教えてくれるか など

性犯罪事件で弁護士ができること

性犯罪事件で弁護士ができることは、以下のとおりです。

【性犯罪事件で弁護士ができること】

  • 刑事手続きの流れや取調べに関するアドバイス
  • 自首に関するサポート(上申書の作成・自首の同行)
  • 被害者との示談交渉
  • 早期釈放や減刑を求める弁護活動

ここでは、性犯罪事件で弁護士ができることを確認しましょう。

刑事手続きの流れ・取り調べに関するアドバイス

性犯罪事件によって逮捕されてしまうと身柄を拘束され、捜査機関から取調べを受けることになります。

取調べを受ける場合、取調べで作成された供述調書は、刑事裁判で証拠として採用される可能性があります。

そのため、被疑者は必要に応じて黙秘権を行使する、間違いのある供述調書にはサインしないなどの適切な対応が必要です。

しかし、逮捕後から勾留決定までの約72時間は、弁護士以外は面会が一切できません。

そのため、逮捕されてしまった段階で弁護士に相談し、今後の流れや取調べに関する具体的なアドバイスをもらう必要があります。

自首に関するサポート(上申書の作成・自首の同行)

弁護士に依頼することで、上申書の作成や自首の同行をサポートしてもらえます。

上申書とは、警察に対して提出する、事件の詳細や反省文などを書いた文書のことです。

自首する際に上申書を提出することで、逃亡や証拠隠滅の意思がないことを伝えられます。

また、自首当日には弁護士が同行し、捜査機関に対して示談交渉をおこなうことなどを説明してくれます。

その結果、逮捕の可能性を下げることができるのです。

逮捕する必要がないと判断された場合は、身元引受人に迎えに来てもらい、帰宅することになります。

通常、身元引受人は家族や会社の上司となりますが、弁護士とともに自首した場合はその弁護士が身元引受人となってくれることが多いです。

そのため、家族や上司に「性犯罪に及んだ」ということが知られる心配がありません。

逮捕する必要がないと判断された場合は、身元引受人に迎えに来てもらい、帰宅することになります。

通常、身元引受人は家族や会社の上司となりますが、弁護士とともに自首した場合はその弁護士が身元引受人となってくれることが多いです。

そのため、家族や上司に「性犯罪に及んだ」ということが知られる心配がありません。

性犯罪について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越山梨新潟長野富山石川福井
東海愛知岐阜静岡三重
関西大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
被害者の方は法テラスへご相談ください

被害者との示談交渉

性犯罪事件では、被害者に対して十分謝罪し、慰謝料・賠償金を支払い、示談を成立させることが重要です。

示談が成立した場合、逮捕前の段階であれば被害届や告訴を取り下げてもらえたり、逮捕後であれば捜査機関に被害者の被害感情や処罰感情が和らいでいると判断されて不起訴処分を獲得できたりする可能性があります。

しかし、被害者との示談交渉は弁護士に依頼する必要があります。

弁護士であれば、被害者の承諾を得たうえで捜査機関から被害者の連絡先を手に入れることができ、被害者側も冷静に話し合いに応じる可能性が高いです。

被疑者の今後にもかかわるため、弁護士に依頼し示談交渉をできる限りスムーズに進めてもらいましょう。

早期釈放や減刑を求める弁護活動

性犯罪に及んだ場合、逮捕や勾留で長期間の身柄拘束をされたり、起訴されれば有罪判決になったりする可能性が高いです。

しかし、弁護士に依頼した場合は、以下のような早期釈放や減刑獲得のための弁護活動をしてくれます。

【早期釈放や減刑を求める弁護活動】

  • 釈放や不起訴を求める手続き
  • 無罪を主張するための証拠収集
  • 実名報道を避けるための要望書作成 など

できる限り早い段階で弁護士に依頼し、適切なサポートを受けられるようにしましょう。

性犯罪事件の解決を依頼する場合の弁護士費用

性犯罪事件の弁護士費用の相場は、以下のとおりです。

項目金額
相談料5,000円/30分

※無料相談に応じている場合もある

着手金20万~50万円
報酬金20万~50万円
その他費用2万~10万円

なお、各法律事務所や事件の内容によって、料金体系は異なります。相談の際には必ず見積書を作成してもらい、弁護士費用の詳しい内訳を確認しておきましょう。

加害者側の性犯罪に関するよくある質問

最後に、性犯罪に関するよくある質問・疑問に回答します。

Q.弁護士を紹介してもらうにはどうしたらいい?

「まずは弁護士を紹介してほしい」という方は、弁護士会の弁護士紹介制度を利用するのがおすすめです。

たとえば、東京弁護士会の場合は、メールやファックスで弁護士紹介の申し込みができ、3〜5営業日程度で刑事事件を担当できる弁護士を紹介してくれます。

なお、各弁護士会によって紹介制度の有無、相談方式、受付時間などが異なるため、事前に「全国の弁護士会・弁護士会連合会」で弁護士会の情報を確認しておくとよいでしょう。

Q.国選弁護人と私選弁護人はどちらのほうがいい?

刑事事件に関係する弁護士には、国選弁護人と私選弁護人がいます。

国選弁護人と私選弁護人の主な違いは、選任できるタイミング、弁護活動の内容、弁護士の選択の可否、弁護士費用などです。

原則として国選弁護人と私選弁護人で受けられるサポートに違いはありませんが、サポートが受けられるタイミングが異なる点には注意が必要です。

【当番弁護士、国選弁護人、私選弁護人の主な違い】

当番弁護士国選弁護人私選弁護人
選任できるタイミング逮捕後勾留後いつでも可能
接見回数・弁護活動接見1回のみ起訴前・起訴後の弁護活動全般起訴前・起訴後の弁護活動全般
弁護士の選択不可不可可能

さいごに|性犯罪を及んだら「ベンナビ刑事事件」で弁護士に相談を

性犯罪を犯してしまった場合は、できる限り早い段階で弁護士に相談・依頼することが重要です。

逮捕前であれば刑事事件化を阻止できる可能性があり、逮捕後であれば早期の身柄解放や、不起訴処分・執行猶予付き判決の獲得などにつながる可能性があります。

また、実名報道を避けるためのサポートなどもしてくれるでしょう。

刑事事件が得意な弁護士を探しているなら、「ベンナビ刑事事件」の利用をおすすめします。

性犯罪事件では迅速な対応が必要になりますが、刑事事件弁護士ナビを使えば土日祝日や夜間などにも対応している弁護士を見つけられます。

逮捕前の相談もできるので、性犯罪事件の容疑をかけられてしまった時点で利用するとよいでしょう。

性犯罪について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越山梨新潟長野富山石川福井
東海愛知岐阜静岡三重
関西大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
被害者の方は法テラスへご相談ください
この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
弁護士の方はこちら